さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

生と死

誰よりも早く準備する健康長生き法-老年医療の専門医が教える


誰よりも早く準備する健康長生き法-老年医療の専門医が教える
大津 秀一

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
60代以後を楽しく過ごすには「病気になりづらくする」「寝たきりにならない」「ピンピンコロリを目指す」という健康長生き法を実践することが大切。緩和ケアの専門家が、医師としての知識や経験から長生きのコツを伝える。

臨床宗教師-死の伴走者


臨床宗教師-死の伴走者
藤山 みどり

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
死の不安と別れの悲しみに直面する当事者を支える臨床宗教師。その誕生の背景や、宗教者が宗教の違いを超えて活躍する現場を紹介し、「死」と直面したときの人の心の動き、「死」に向き合うにあたって大切な心の在り方を探る。

魂と無常


魂と無常
竹内 整一

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本人は<死>と<死後>をどのように生きてきたか。<生>と<死>を見据え、<魂>を見据えてきた日本人の心を、「おのずから」と「みずから」の「あわい」のうちに、鮮烈に描く日本思想論。

「その日」の前に


「その日」の前に
アンドルー・ジョージ 鈴木 晶

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「人間の価値は、これまでどれだけのものを人に与えたかによって決まる」「生きている間は、人生の価値なんてわからない」…。終末ケアを受ける20人の患者の肖像写真と直筆の手紙で綴るラスト・インタビュー。

せめて死を理解してから死ね!-孤独死のススメ


せめて死を理解してから死ね!-孤独死のススメ
保江 邦夫

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天国行きのチケットを手に入れるのに必要なのは、たったひとつの「ある言葉」だけ! 「この世」と「あの世」を知り尽くした理論物理学者が「孤独死のススメ」10か条を語る。巻末に袋綴じあり。

安心して、死ぬために-幸福なまま、旅立ちたいと思っているあなたへ


安心して、死ぬために-幸福なまま、旅立ちたいと思っているあなたへ
矢作 直樹

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
目の前のヒト・モノ・コトに感謝する、ひとり暮らしを十分楽しむ、病院は平穏死させてくれない所だと覚えておく…。療養型病院と救急医療の現場で死を見届けてきた医師が、平穏なまま逝くための大事な心得を伝える。

死ぬ瞬間-死とその過程について(中公文庫)


死ぬ瞬間-死とその過程について(中公文庫)
エリザベス・キューブラー・ロス 鈴木 晶
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

いろは落語づくし 2 落語からわかる江戸の死


いろは落語づくし 2 落語からわかる江戸の死
稲田 和浩

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸時代の死が身近だった頃は、落語も死をモチーフにしたネタが多くあった。死さえも笑いに転化した。死を知ることで、生きる力になる。笑いのうちにそんなことを教えてくれる落語を、いろはの順に紹介する。

おひとりさまの最期(朝日文庫 う5-10)


おひとりさまの最期(朝日文庫 う5-10)
上野 千鶴子
朝日文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
高齢者は住宅弱者か? 意思決定を誰にゆだねるか? 身近な友人の死を経験した著者が、「次は私の番だ」という切実な関心のもとに、医療・看護・介護の現場への取材から得た収穫を公開する。

75歳からのサードライフ-後期高齢者の心・身体・死生観


75歳からのサードライフ-後期高齢者の心・身体・死生観
宮崎 雄二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人生百年の時代を迎えた後期高齢者に向けて、生活訓や周囲との付き合い方、日々の健康対策、身辺整理、死に対する考え方と対応、宗教信仰、死の準備と臨終などについて解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ