さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

生と死

イラストでわかるご臨終の不思議な世界


イラストでわかるご臨終の不思議な世界
志賀 貢 カワグチ ニラコ

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人は死ぬとき、どんな気持ちになるのか。周囲は人の死にどう向き合うべきなのか。50年ものキャリアを歩む現役医師が、親子、孫、家族みんなで共有したい「臨終への考え方」を、イラストを交えてやさしく伝える。

急に具合が悪くなる


急に具合が悪くなる
宮野 真生子 磯野 真穂

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
がんの転移を経験しながら生き抜く哲学者と、臨床現場の調査を積み重ねた人類学者が、死と生、別れと出会い、そして出会いを新たな始まりに変えることを巡り、人生を賭けて交わした20通の往復書簡。

死んだらどうなるのか?-死生観をめぐる6つの哲学


死んだらどうなるのか?-死生観をめぐる6つの哲学
伊佐敷 隆弘

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「他の人間や動物に生まれ変わる」「すぐそばで子孫を見守る」「完全に消滅する」…。だれもが悩む問題「死後はどうなる?」を宗教・哲学・AIについての議論を横断しながら、対話形式で探究する。

キリスト教と死-最後の審判から無名戦士の墓まで(中公新書 2561)


キリスト教と死-最後の審判から無名戦士の墓まで(中公新書 2561)
指 昭博
中公新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
キリスト教の世界観を紹介し、イギリス社会に大きな影響を与えたカトリックとプロテスタントの違いを指摘。キリスト教の死生観が生み出してきた墓やモニュメント、文学や映画、芸術作品など「死の文化」の豊かな世界をめぐる。

後悔しない死の迎え方-1000人の看取りに接した看護師が教える


後悔しない死の迎え方-1000人の看取りに接した看護師が教える
後閑 愛実

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
後悔しない看取りのためにできること、最期までの時間の幸せなすごし方、延命治療についての考え方…。1000人以上の看取りに接してきた看護師が、幸せな臨終のために知っておきたいことを、実例をもとに綴る。

いのちのヌード-まっさらな命と真剣に向き合う医師たちのプロジェクト ヘンタイドクターズ


いのちのヌード-まっさらな命と真剣に向き合う医師たちのプロジェクト ヘンタイドクターズ
秋山 佳胤 池川 明 梅津 貴陽 巽 一郎 松久 正 長堀 優

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世間のみならず医療の世界と常識と固定観念にとらわれずに、真実を追求するヘンタイドクターズの対話集。まだまだ未知の世界が詰まっている「いのち」について、本音を語り合う。

生きることばへ-余命宣告されたら何を読みますか?


生きることばへ-余命宣告されたら何を読みますか?
金子 直史

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
病を得て余命宣告された硬派のジャーナリストが、死に直面した文化人たちの格闘を読み解き、伝えた、いのちをかけた読書案内。共同通信社から地方紙各紙に配信された連載に、並行して書かれた詳細な日記等を付す。

死ぬときに後悔すること25-1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた


死ぬときに後悔すること25-1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた
大津 秀一

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
健康を大切にしなかったこと、故郷に帰らなかったこと、会いたい人に会っておかなかったこと…。著者がこれまで出会った終末期の患者の「後悔」のうち、多かったものを25例紹介。後悔しない人生を歩むためのヒントとなる本。

私の大往生(文春新書 1229)


私の大往生(文春新書 1229)
週刊文春 中村 仁一 渡邉 恒雄 外山 滋比古 佐藤 愛子 酒井 雄哉 やなせ たかし 小野田 寛郎 内海 桂子 金子 兜太 橋田 壽賀子 出口 治明 高田 明 大林 宣彦 柳田 邦男
文春新書

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
孤独死、ポックリ、七転八倒…。理想の死のかたちとは? 佐藤愛子、外山滋比古、やなせたかし、内海桂子など人生を達観した14人の先達たちにインタビューし、その多様な死生観を紹介する。『週刊文春』掲載を新書化。

誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門


誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門
内藤 理恵子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ソクラテス、釈迦、イエス、空海、キルケゴール、サルトル、手塚治虫…。哲学者たちは「死」についてどう考え抜き、どう立ち向かったのか。哲学者たちの言葉を収集し、理解の手がかりになるイラストとともに紹介する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ