さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

田中英道

老年こそ創造の時代-「人生百年」の新しい指針


老年こそ創造の時代-「人生百年」の新しい指針
田中 英道

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
葛飾北斎90歳、ミケランジェロ89歳。経験と知見を積み重ねた「人生100年」は古来存在し、人類が考え続けてきたテーマ。大局的な視点に立ち、国内外の先人に学ぶことで、現代を生きる老人の新しい生き方を模索する。

ユダヤ人埴輪があった!-日本史を変える30の新発見


ユダヤ人埴輪があった!-日本史を変える30の新発見
田中 英道

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ユダヤ人埴輪は何を意味しているのか? ヤマトタケルは誰だったのか? 日本の歴史に関わる著者のさまざまな発見や考察を「縄文・弥生の時代」「日本文化史の価値の発見」など3つのテーマに分けて綴る。

新しい日本史観の教科書-正しい歴史に「修正」せよ


新しい日本史観の教科書-正しい歴史に「修正」せよ
田中 英道

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史は「どう」とらえるかで、誇りにも恥にもなる。旧約聖書からアナール学派まで、古今東西の歴史学を碩学・田中英道が縦横無尽に一刀両断。「歴史修正主義」に立ち、日本の歴史を正しくとらえる視点を提示する。

発見!ユダヤ人埴輪の謎を解く


発見!ユダヤ人埴輪の謎を解く
田中 英道

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本で、高い帽子、伸びた髭、豊かなもみあげをつけたユダヤ人埴輪が多数出土している。それは秦氏一族である-。古代史の謎を、形象学・遺伝子学・文献学から実証的に解明する。

誰も語らなかったフェルメールと日本


誰も語らなかったフェルメールと日本
田中 英道

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
オランダの巨匠フェルメールとユダヤ人哲学者スピノザとの関係、ユダヤ人の東インド会社と石見銀による莫大な利益と繁栄…。西洋美術史の第一人者が大画家の謎を語る。フェルメール作品全36点をカラーで収載。

邪馬台国は存在しなかった


邪馬台国は存在しなかった
田中 英道
勉誠選書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「魏志倭人伝」にしか登場しない「卑弥呼」「邪馬台国」。なぜ「卑弥呼神社」は存在しないのか? 「魏志倭人伝」はどのように書かれたのか? 戦後最大の未解決問題、「邪馬台国」論争の根源に迫る。

日本が世界で輝く時代


日本が世界で輝く時代
田中 英道

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界が「規範」を探し求める中で、注目されている「日本の歴史と文化の輝き」。新時代のグローバル・スタンダードとしてふさわしい日本的価値について、歴史と文化の視点から縦横無尽に論じる。

日本人を肯定する -近代保守の死-


日本人を肯定する -近代保守の死-
田中 英道

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後日本の保守論客たちの自死は何を意味するのか。日本人の劣化・自滅は防げるか。「近代」思想が破壊しようとする、伝統文化と秩序。その背景にあるユダヤ思想の正体、そしてマルクス主義との関連を明らかにする。

日本国史 -世界最古の国の新しい物語-


日本国史 -世界最古の国の新しい物語-
田中 英道

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
高天原は関東にあった? 天孫降臨はフィクションではない? 最新の歴史研究の成果を踏まえ、日本の歴史をコンパクトな通史にまとめる。

天孫降臨とは何であったのか


天孫降臨とは何であったのか
田中 英道
勉誠選書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天孫降臨は天=空から「降りる」ではない? 鹿島と鹿児島の地名の関係は? 高天原はどこにあったのか? サルタヒコは縄文を体現している? 最新の考古学と科学分析の成果から、神話を新たに読み解く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ