さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

石原慎太郎

死という最後の未来


死という最後の未来
石原 慎太郎 曽野 綾子

予約数: 51
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
死に向き合うことで見える、人が生きる意味とは-。キリストの信仰を生きる曽野綾子と、法華経を哲学とする石原慎太郎。対極の死生観を持つふたりが、「死」について赤裸々に語る。

死者との対話


死者との対話
石原 慎太郎

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
インパール作戦で多数の戦友を失った男が戦後にとった行動とは? 死に直面する作家が自在なリズムで自己と対話する。末期患者と看護人の間に芽生えた奇妙な友情…。死と直面する自らをも捉える短編集。7編を収録。

老いてこそ生き甲斐


老いてこそ生き甲斐
石原 慎太郎

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
最晩年に達した今だからこそ実感する「老い」という現実とは。人生の成熟がもたらす最後の楽しみとは-。古今東西の偉人たちの晩年のエピソードも交えながら、「老い」という人生の味わいを綴る。

日本よ、憚ることなく(WAC BUNKO B-314)


日本よ、憚ることなく(WAC BUNKO B-314)
亀井 静香 石原 慎太郎
WAC BUNKO

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「ホワイト・ファースト」のトランプと喧嘩しろ! 金正恩から拉致被害者を取り返せ! 権力に対して好戦的な行動を共にしてきたふたりが、この国の来し方、行く末を思い、語り合う。『WiLL』連載を再構成し書籍化。

昔は面白かったな-回想の文壇交友録(新潮新書 841)


昔は面白かったな-回想の文壇交友録(新潮新書 841)
石原 慎太郎 坂本 忠雄
新潮新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小林秀雄や川端康成など、活気にあふれたかつての文壇での交友と逸話の数々、戦前・戦後の忘れがたい情景、現代の文学状況への危惧…。作家・石原慎太郎と文芸編集者・坂本忠雄が、文学と政治、死生まで縦横に語り合う。

湘南夫人


湘南夫人
石原 慎太郎

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
湘南に大邸宅を構え、巨大企業グループを擁する北原家。急逝した三代目の若き未亡人・紀子は、二代目の非嫡出子・志郎と結ばれるが、やがて複雑に入り組んだ関係に変化の兆しがあらわれ…。『群像』連載を単行本化。

異端者の快楽(幻冬舎文庫 け-5-3)


異端者の快楽(幻冬舎文庫 け-5-3)
見城 徹 さだ まさし 中上 健次 石原 慎太郎 藤田 宜永 鈴木 光司 内館 牧子 田島 照久 杉山 恒太郎 熊谷 正寿 篠原 進 中嶋 隆 橋本 孝
幻冬舎文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
すべての創造はひとりの人間の熱狂から始まる。圧倒的努力は岩をも通す-。幻冬舎社長・見城徹とミュージシャン、小説家らとの対談のほか、エッセイ、発言を収録。

日本よ、完全自立を


日本よ、完全自立を
石原 慎太郎
文春新書

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
トランプによる「白人至上主義」の復活に警鐘を鳴らし、ヨットマンとしても愛した海など地球の環境悪化を憂慮。「日本は中国に負けない」と断じ、国家の主体性のために、日本は新憲法を作り直せと提言する-。警世の直言集。

男の粋な生き方


男の粋な生き方
石原 慎太郎
幻冬舎文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仕事、女、金、酒、スポーツ、教養、生と死…。文壇と政界の第一線に立ち、常に時代と格闘し続けてきた著者が、豊かな経験と知識、感性から紡ぎ出す究極のダンディズム。

天才


天才
石原 慎太郎
幻冬舎文庫

Amazonでの評価:(3.5/5.0)
予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
幼少期のコンプレックス、政界入りのきっかけ、角福戦争の内幕、ロッキード事件の真相、田中派分裂の舞台裏、家族との軋轢…。戦後日本の基盤を作り上げながら、毀誉褒貶相半ばする田中角栄の汗と涙で彩られた生涯を描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ