さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

社会思想・政治思想

現代思想からの動物論-戦争・主権・生政治


現代思想からの動物論-戦争・主権・生政治
ディネシュ・J.ワディウェル 井上 太一

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間動物関係を平和の装いに覆われた戦争と捉え、人文学が生んだ種々の概念装置によってその構造を解き明かすとともに、動物たちの主権回復へ向けた方途を模索する。

ハンナ・アレント再論-<あるべき政治>を求めて(叢書<語りつぐ政治思想>)


ハンナ・アレント再論-<あるべき政治>を求めて(叢書<語りつぐ政治思想>)
寺島 俊穂
叢書<語りつぐ政治思想>

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
全体主義の時代を生き抜き、現実の政治に寄り添いつつ思考し続けた政治思想家ハンナ・アレント。政治の座標軸が揺らぐ今日的状況の中で、新しい政治原理の確立を目指し、その思想的エッセンスをやさしくかつ包括的に捉え直す。

リベラル・デモクラシーの現在-「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで(岩波新書 新赤版 1817)


リベラル・デモクラシーの現在-「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで(岩波新書 新赤版 1817)
樋口 陽一
岩波新書 新赤版

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
トランプ現象、イギリスの混迷、日本の改憲議論…。「ネオリベラル」と「イリベラル」の挟撃を受けて、デモクラシー像が危機に直面するなか、座標軸をどこに求めたらよいか。戦後知識人たちの言説を手がかりに考える。

リベラリズムの終わり-その限界と未来(幻冬舎新書 か-27-1)


リベラリズムの終わり-その限界と未来(幻冬舎新書 か-27-1)
萱野 稔人
幻冬舎新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
米国のトランプ現象、欧州の極右政権台頭、日本の右傾化…。自由を尊重し、富の再分配を目指すリベラリズムが世界中で嫌われているのはなぜか。注目の哲学者が、リベラリズムを適用できない現代社会の実状を哲学的に考察する。

デモクラシーか資本主義か-危機のなかのヨーロッパ(岩波現代文庫 学術 406)


デモクラシーか資本主義か-危機のなかのヨーロッパ(岩波現代文庫 学術 406)
J.ハーバーマス 三島 憲一
岩波現代文庫 学術

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代ドイツの代表的社会哲学者ハーバーマスが、2007年から約10年間にわたり、発表した政治的エッセイやインタビューを集成。独自の批判的社会論の立場から、ヨーロッパの問題点を抉り出す。各編ごとに解題を収録。

法の原理-自然法と政治的な法の原理(ちくま学芸文庫 ホ22-1)


法の原理-自然法と政治的な法の原理(ちくま学芸文庫 ホ22-1)
トマス・ホッブズ 高野 清弘
ちくま学芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間本性の分析を通して描き出される、自然状態=戦争状態。そこから脱する政治体として、選ばれるべきものは何か。「ホッブズ哲学の最良の展開のひとつ」と評される作品を、達意の訳文と充実した訳注で収録する。

大衆の強奪-全体主義政治宣伝の心理学(叢書パルマコン 01)


大衆の強奪-全体主義政治宣伝の心理学(叢書パルマコン 01)
セルゲイ・チャコティン 佐藤 卓己
叢書パルマコン

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
メディア研究・コミュニケーション理論・集団心理学などの基本参考文献として広く認知されているファシスト的公共性を体現した名著を、日本語で初全訳。メディア史家佐藤卓己の解題も収録する。

ベニカルロの夜会-スペインの戦争についての対話(叢書・ウニベルシタス 1099)


ベニカルロの夜会-スペインの戦争についての対話(叢書・ウニベルシタス 1099)
マヌエル・アサーニャ 深澤 安博
叢書・ウニベルシタス

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
激しいスペイン内戦の果てに亡命先で没した政治家マヌエル・アサーニャ。民主主義的共和主義を理想とする文学者でもあったアサーニャが、すさまじい殺戮と悲劇の渦中にある祖国の思想状況を対話形式で描く。

丸山真男と戦後民主主義


丸山真男と戦後民主主義
清水 靖久

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
丸山真男は1960年代末の東大紛争で直面した困難にどのように応えようとしたのか。戦後日本で民主主義を説いた丸山の多岐な歩みを思想史的に明らかにし、破滅的な戦争から再出発した日本のデモクラシーを考える。

リベラリズムはなぜ失敗したのか


リベラリズムはなぜ失敗したのか
パトリック・J.デニーン 角 敦子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
多くの民主主義国家で不平等が拡大し、強権政治が台頭し、リベラリズムが機能不全となっている。政治、経済、教育、テクノロジーといった様々な分野で見られる問題を検証し、失敗の原因と是正をさぐる。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ