さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

社会的差別

パンドラの箱は閉じられたのか-相模原障害者殺傷事件は終わっていない


パンドラの箱は閉じられたのか-相模原障害者殺傷事件は終わっていない
月刊『創』編集部

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
19人が犠牲になった相模原障害者殺傷事件の裁判は、植松被告に死刑を宣告したが、障害者差別や障害者施設のあり方など、多くの課題は解明されないまま幕を閉じた。詳細な裁判報告や当事者証言をもとに、事件の本質に迫る。

教科書に書かれなかった戦争 PART70 新装増補版 慈愛による差別-象徴天皇制・教育勅語・パラリンピック-


教科書に書かれなかった戦争 PART70 新装増補版 慈愛による差別-象徴天皇制・教育勅語・パラリンピック-

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東日本大震災と五輪誘致で「みんな化」が進み、日本中に同調圧力と忖度が拡がっていないか? 「障害児を普通学級へ・全国連絡会」世話人の著者が、子供の頃うけた皇民教育を描き、天皇制・教育勅語等について意見を述べる。

人権侵害にかかわる差別事例判例集


人権侵害にかかわる差別事例判例集
部落解放・人権研究所

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ハンセン病、HIV、LGBT、自死(遺族)、アイヌ、部落、外国人をめぐる判例の解説と分析を、各分野でながらく取り組んできた弁護士や専門家が行う。差別や人権侵害に対応する現行の法制度の課題について検討する。

障害者差別を問いなおす(ちくま新書 1489)


障害者差別を問いなおす(ちくま新書 1489)
荒井 裕樹
ちくま新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
何が差別とされてきたのか、それに対していかに異議を唱えたか。多様性が叫ばれる一方で、実際にはマイノリティへの不寛容な価値観が噴出するなか、あらためて障害者差別に向き合い、人間の尊厳に迫る。

対抗言論-反ヘイトのための交差路 1号 ヘイトの時代に対抗する


対抗言論-反ヘイトのための交差路 1号 ヘイトの時代に対抗する
杉田 俊介 櫻井 信栄 中沢 けい 川村 湊 倉橋 耕平 藤田 直哉 星野 智幸 赤井 浩太 浜崎 洋介 堀田 義太郎 藤原 侑貴 加藤 直樹 賀茂 道子 呉 世宗 石原 真衣 川口 好美 秋葉 忠利 康 潤伊 雨宮 処凛 貴戸 理恵 大中 一彌 高橋 若木 温 又柔 遠藤 まめた 生島 嗣

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
我々はどうすれば隣人への優しさや知性を取り戻せるのか。ヘイトに対抗するための言論誌。1号は、「日本のマジョリティはいかにしてヘイトに向き合えるのか」「歴史認識とヘイト-排外主義なき日本は可能か」等を特集。

ネット右翼vs.反差別カウンター-愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!(モナド新書 012)


ネット右翼vs.反差別カウンター-愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!(モナド新書 012)
山口 祐二郎
モナド新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ネット右翼の跳梁跋扈を、オタクが、アウトローが、民族派が、身体を投げ出して止める! 「レイシストをしばき隊」などの、反差別カウンターの思想と行動の源泉をあきらかにする。

包摂と排除の教育学-マイノリティ研究から教育福祉社会史へ 増補新版


包摂と排除の教育学-マイノリティ研究から教育福祉社会史へ 増補新版
倉石 一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後日本社会を舞台に、被差別部落や在日朝鮮人といったマイノリティ集団に属する子どもを念頭に行われてきた教育への<包摂>の取組みを、教育福祉論の観点から考察。高知県の福祉教員に関する研究成果を反映させた増補新版。

この国の不寛容の果てに-相模原事件と私たちの時代


この国の不寛容の果てに-相模原事件と私たちの時代
雨宮 処凛 神戸 金史 熊谷 晋一郎 岩永 直子 杉田 俊介 森川 すいめい 向谷地 生良

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生産性、自己責任、一人で死ね…。不寛容な言葉に溢れたこの国で、「障害者は不幸しか作らない」という線引きによって、男は19人の障害者を殺した-。命をめぐる対話集。テキストデータの提供サービス付き。

「差別はいけない」とみんないうけれど。


「差別はいけない」とみんないうけれど。
綿野 恵太

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
セクハラや差別が跡を絶たないのは、「差別はいけない」と叫ぶだけでは解決できない問題がその背景にあるからだ-。反発・反感を手がかりにして、差別が生じる政治的・経済的・社会的な背景に迫る。

愛国という名の亡国(河出新書 010)


愛国という名の亡国(河出新書 010)
安田 浩一
河出新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
移民労働者、沖縄、在日コリアン、生活保護…。さまざまなかたちであらわれる差別と排外主義の禍々しい現場に肉迫してきた著者が、数年にわたる取材を集成し、この国の「愛国」の悲惨な真実とその行方を問う。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ