さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

祥伝社新書

「元気高齢者」のための最新医療(祥伝社新書 547)


「元気高齢者」のための最新医療(祥伝社新書 547)
林 滋
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いかによりよく人生を全うするか? 痛みも苦しみも不安もなく、いかに長生きを楽しめるか? 地域全体で患者をケアするという医療制度の流れに深く関わる著者が、実践の成果とともに、高齢者医学の最前線を語る。

大学入試改革後の中学受験(祥伝社新書 589)


大学入試改革後の中学受験(祥伝社新書 589)
おおた としまさ
祥伝社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
気鋭の教育ジャーナリストが、大学入試改革の今後とそれにともなう教育の変化を大胆予測。中学受験における志望校選びの注意点や中学入試出題傾向の変化のほか、中学受験生の親が押さえておくべき要点を指摘する。

世界史のミカタ(祥伝社新書 588)


世界史のミカタ(祥伝社新書 588)
井上 章一 佐藤 賢一
祥伝社新書

予約数: 5
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西のローマ帝国、東の漢帝国を崩壊させる決定的な原動力となったのは、遊牧民たちの動きであり、中世には、どちらでも疑似古代国家が再建された-。碩学で知られる2人がまったく新しいミカタで世界史を斬る、白熱対談。

近衛文麿と日米開戦-内閣書記官長が残した『敗戦日本の内側』(祥伝社新書 590)


近衛文麿と日米開戦-内閣書記官長が残した『敗戦日本の内側』(祥伝社新書 590)
富田 健治 川田 稔
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近衛内閣の内閣書記官長・富田健治が記した「敗戦日本の内側-近衛公の思い出」。そこには、開戦へと至る過程での苦悩や生々しい発言が綴られていた-。昭和史研究の第一人者が、貴重な記録を読み解く。

韓国堕落の2000年史(祥伝社新書 586)


韓国堕落の2000年史(祥伝社新書 586)
崔 基鎬
祥伝社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「李朝500年」と「徳川300年」。韓国が日本に追いつけない根本原因はまさにこの違いにあった! 韓国の民族の歴史がどこでどう誤ってしまったのか、勇気をもって直視し、検証する。

いい加減に目を覚まさんかい、日本人!(祥伝社新書 587)


いい加減に目を覚まさんかい、日本人!(祥伝社新書 587)
百田 尚樹 ケント・ギルバート
祥伝社新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
韓国人を劣化させた中華思想と儒教の教え、日本の水源地を買い漁る中国人の恐るべき目的、印象操作報道・偏向報道の実態…。百田尚樹とケント・ギルバートが、「今そこにある危機」について大激論!

未来の大国-2030年、世界地図が塗り替わる(祥伝社新書 582)


未来の大国-2030年、世界地図が塗り替わる(祥伝社新書 582)
浜田 和幸
祥伝社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アメリカと中国という2大超大国を追い落とすポテンシャルを秘めた「未来の大国」になりうる国を紹介。さらに、日本が「未来の大国」たりうる要件、強みなどについても述べる。2100年までの未来年表つき。

大化改新の黒幕(祥伝社新書 579)


大化改新の黒幕(祥伝社新書 579)
小林 惠子
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
蘇我氏滅亡の実行犯は中大兄や鎌足だったが、その背後には倭国の体制自体を大きく動かそうとする“黒幕”がいた。その正体とは? 日本古代史を国際的視野から見つめ、従来の定説を覆し続ける著者が、大化改新の真相に迫る。

大伴旅人-人と作品(祥伝社新書 580)


大伴旅人-人と作品(祥伝社新書 580)
中西 進
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新元号「令和」の基となった、「万葉集」梅花の歌三十二首并せて序-。その作者・大伴旅人の詩心はどこにあり、彼は何を文学遺産として残したのか。大伴旅人の生涯をたどり、全作品を解釈つきで紹介する。

松下幸之助と私(祥伝社新書 577)


松下幸之助と私(祥伝社新書 577)
牛尾 治朗 野田 佳彦 古賀 伸明
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
町工場を世界的大企業に育てた松下幸之助は、不世出の構想家であり、経営の天才であった。幸之助に接し、多くを学んだ3人の教え子が、経営・政治・人づくりの各面から巨人の素顔を明かす。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ