さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

祥伝社新書

大伴旅人-人と作品(祥伝社新書 580)


大伴旅人-人と作品(祥伝社新書 580)
中西 進
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新元号「令和」の基となった、「万葉集」梅花の歌三十二首并せて序-。その作者・大伴旅人の詩心はどこにあり、彼は何を文学遺産として残したのか。大伴旅人の生涯をたどり、全作品を解釈つきで紹介する。

松下幸之助と私(祥伝社新書 577)


松下幸之助と私(祥伝社新書 577)
牛尾 治朗 野田 佳彦 古賀 伸明
祥伝社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
町工場を世界的大企業に育てた松下幸之助は、不世出の構想家であり、経営の天才であった。幸之助に接し、多くを学んだ3人の教え子が、経営・政治・人づくりの各面から巨人の素顔を明かす。

逆転大名関ケ原からの復活(祥伝社新書 576)


逆転大名関ケ原からの復活(祥伝社新書 576)
河合 敦
祥伝社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
関ケ原合戦で敗者となり、領地を失っても、己の才覚と努力、そして運で返り咲いた大名がいた! なにゆえ彼らはそうした奇跡を生み出し得たのか。立花宗茂、丹羽長重、上田重安、木下勝俊などの知られざる人間像に迫る。

世界から戦争がなくならない本当の理由(祥伝社新書 578)


世界から戦争がなくならない本当の理由(祥伝社新書 578)
池上 彰
祥伝社新書

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ「過ち」を繰り返すのか? 戦争の教訓を将来に活かすには、歴史に学ぶしかない。戦後74年間の日本と世界を振り返ることで、そのヒントを提示する。

観光公害-インバウンド4000万人時代の副作用(祥伝社新書 574)


観光公害-インバウンド4000万人時代の副作用(祥伝社新書 574)
佐滝 剛弘
祥伝社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
消費拡大の恩恵をもたらす一方、マナー違反や環境破壊などの副作用を生んだインバウンドの増加。日本各地のみならず海外の観光地にも足を運び、徹底したフィールドワークで観光公害の実態と解決方法を提示する。

永田鉄山と昭和陸軍(祥伝社新書 575)


永田鉄山と昭和陸軍(祥伝社新書 575)
岩井 秀一郎
祥伝社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永田鉄山はなぜ殺されたのか。永田が目指していたものは何か。生きていれば、日本は戦争への道を歩まずにすんだのか-。これらの命題に、永田の人物と構想を繙きながら、斬殺した相沢三郎陸軍中佐や皇道派にも触れつつ迫る。

「超・長寿」の秘密-110歳まで生きるには何が必要か(祥伝社新書 572)


「超・長寿」の秘密-110歳まで生きるには何が必要か(祥伝社新書 572)
伊藤 裕
祥伝社新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
100歳と110歳の間には大きな壁が存在する。それを乗り越えるには「遺伝子が使われる生活」をすればいい! 110歳まで健康かつ幸福に生きるための方法を、最新の知見を交えながら紹介する。

新発見!江戸城を歩く-ヴィジュアル版(祥伝社新書 573)


新発見!江戸城を歩く-ヴィジュアル版(祥伝社新書 573)
黒田 涼
祥伝社新書

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
環状構造の内堀と外堀、区分された大名屋敷、天守台、石垣、門…。江戸城の痕跡に触れることができる、半日で歩ける15のコースを、地図や写真とともに厳選紹介する。

資本主義と民主主義の終焉-平成の政治と経済を読み解く(祥伝社新書 570)


資本主義と民主主義の終焉-平成の政治と経済を読み解く(祥伝社新書 570)
水野 和夫 山口 二郎
祥伝社新書

予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
見えてきたのは、日本が資本主義を“卒業”していく過程であり、政治が大きく変質・劣化していく様だった-。平成31年間を6つの時代に分けて分析。そのうえで平成を総括し、今後を予測・提言する。

三度目の日本-幕末、敗戦、平成を越えて(祥伝社新書 571)


三度目の日本-幕末、敗戦、平成を越えて(祥伝社新書 571)
堺屋 太一
祥伝社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
豊かな日本から楽しい日本へ。直面する危機を克服し、新たな価値観で大転換期を乗り越えていくにはどうしたらよいのか。多くの著作で予測を的中させてきた堺屋太一が、日本のあるべき未来を描く。最後の提言。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ