さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

竹岡美穂

あなたの本 -とりこまれる怪談-


あなたの本 -とりこまれる怪談-
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「ひとかけ屋」というお店で、主人公が欠けている「あなたの本」を購入した美緒。本には美緒のこれまでの人生が描かれていた。読み進むうちに美緒の身に危険が迫り…。大学生作家・まみが「あなたの本」の解明に挑む!

怪談収集家 山岸良介の妖しい日常


怪談収集家 山岸良介の妖しい日常
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
霊媒体質の高浜浩介は、怪談収集家・山岸良介の助手を務める小学5年生。浩介の友人・慎之介に恋をしたクラスメイトが縁結びのおまじないをしたら、慎之介が倒れてしまって…。全4話を収録。

金の本 -時をこえた怪談-


金の本 -時をこえた怪談-
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
嵐の中、山寺にたどりついた麻理といとこの大学生・洋。寺には、他にも雨を逃れてやってきた人たちがいた。その人たちといっしょに、なぜか怪談話をすることになって…。本の怪談シリーズ第7弾。

銀の本 -海をこえた怪談-


銀の本 -海をこえた怪談-
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
突然の招待状を受け取り、フランスにやってきた悟。「「銀の本」を見つけた者に、城をゆずろう!」というひいおじいさんの言葉に、慣れない土地で本さがしにのりだしたけれど…。本の怪談シリーズ第8弾。

怪談収集家 山岸良介と人形村


怪談収集家 山岸良介と人形村
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
取材旅行の途中、ある村にたどりついた浩介と山岸。その村では子どもの誕生と同時に人形を作る風習があった。ところが土砂崩れで2人は村から出られなくなり…!? 「本の怪談」のコンビがおくる新シリーズ第4弾。

わたしの本 -まぼろしの怪談-


わたしの本 -まぼろしの怪談-
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひそかに作家にあこがれていたわたしは、友人にすすめられて物語を書くことに。偶然手にしたノートに文章を書き進めていくと、なぜか書いたことが現実になった。数年後、大学生になったわたしにも呪いがふりかかり…。

灰色の本 -よみがえる怪談-


灰色の本 -よみがえる怪談-
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
お墓の前に忘れられていた一冊の本。「灰色の本」と題されたその本を手にとったときから、彼女は怪談の世界にまきこまれていく。本を読み進めるにつれて、本の内容が実際に起き始めて…。

怪談収集家 山岸良介と学校の怪談


怪談収集家 山岸良介と学校の怪談
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
強烈な霊媒体質の浩介がいよいよ学校へ! 通い始めた小学校には、思いもかけない“怪談”とその黒幕がいて…。「本の怪談」のコンビがおくる新シリーズ第3弾。

怪談収集家 山岸良介の帰還


怪談収集家 山岸良介の帰還
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひょんなことから、怪談収集家、山岸良介の助手をすることになった浩介。彼の仕事は「百物語の本を完成させること」だというのですが、その実情は…!? 「本の怪談」のコンビがおくる新シリーズ。

怖い本 -色のない怪談-


怖い本 -色のない怪談-
緑川 聖司 竹岡 美穂
ポプラポケット文庫

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文化祭で講演会をしてもらうために、ぼくはクラスメートの仁科涼子と2人で覆面作家の山岸良介の家を訪ねた。だが、彼の家に通ううちに、毎日何かがおかしくなっていき…。本の怪談シリーズ完結編。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ