さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

精神分析

ハイデガーとラカン-精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー


ハイデガーとラカン-精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー
小笠原 晋也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「精神分析はどのように基礎づけられるか?」という問いを手がかりに、ラカンがいかに多くをハイデガーに負うているかを解明。さらに、ラカンとラカン派分析家にとって「精神分析家である」とはいかなることか等を問う。

死ぬ瞬間-死とその過程について(中公文庫)


死ぬ瞬間-死とその過程について(中公文庫)
エリザベス・キューブラー・ロス 鈴木 晶
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

精神分析の諸相-多様性の臨床に向かって


精神分析の諸相-多様性の臨床に向かって
吾妻 壮

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今日、精神分析のあり方は多様化の一途を辿っているが、その傾向は、世界最多の精神分析家を擁する米国において顕著である。精神分析をめぐる最新の議論を、米国の動きに注目しながら紹介する。

悪における善-心理学のパラドックス


悪における善-心理学のパラドックス
アドルフ・グッゲンビュール=クレイグ 山中 康裕 佐渡 忠洋

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
善人も悪の、悪人も善の側面を持つ-。心理療法家として数々の人間の矛盾に遭遇してきたユング派の重鎮・グッゲンビュール=クレイグが、矛盾をはらむ人間や社会の姿を「逆説」から考察する。

分析心理学セミナー-1925年、チューリッヒ


分析心理学セミナー-1925年、チューリッヒ
C.G.ユング ソヌ・シャムダサーニ ウィリアム・マガイアー 横山 博 大塚 紳一郎 河合 麻衣子 小林 泰斗

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
フロイトとの交流と決別、その後に訪れた心の危機、そして<無意識との対決>から超越機能へ-。1925年のチューリッヒにおいて、ユング心理学がまさに産声をあげたセミナーの記録。

占星学 新・新版


占星学 新・新版
リズ・グリーン 岡本 翔子 鏡 リュウジ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
占星学が古代から受け継いだ「象徴体系」は、ユング心理学が基礎づけた、人類の深層意識によこたわる「元型」のブループリントでもあった。意識と無意識が出会う人間関係に自己発見の場をさぐる、現代占星術の新しい地平。

分析心理学セミナー1925-ユング心理学のはじまり


分析心理学セミナー1925-ユング心理学のはじまり
C.G.ユング S.シャムダサーニ W.マクガイア 河合 俊雄 猪股 剛 小木曽 由佳 宮澤 淳滋 鹿野 友章

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1925年、50歳になったばかりのユングが、自らの心理学を分かりやすく人々に語って聞かせたセミナーの記録。ユング自らがその口述記録を精査した信頼にたる一次資料。

良い加減に生きる-歌いながら考える深層心理(講談社現代新書 2522)


良い加減に生きる-歌いながら考える深層心理(講談社現代新書 2522)
きたやま おさむ 前田 重治
講談社現代新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いい加減に生きることを許されない現代、一度だけの人生を自分らしく創っていくには? 「あの素晴しい愛をもう一度」「風」などの名曲を題材に、きたやまおさむと前田重治の2人の精神科医が日本人の生き方を問う。

新訳夢判断(新潮モダン・クラシックス)


新訳夢判断(新潮モダン・クラシックス)
フロイト 大平 健
新潮モダン・クラシックス

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひた隠しにしていた性的欲求が丸出しの夢、試験に落ちる夢、親を殺す夢…。本当の自分が潜む場所「夢」を分析し、悩みを解き明かすフロイトの歴史的ベストセラー。長年患者の夢や無意識と向き合い続けた精神科医による翻訳。

アンコール-セミネール第ⅩⅩ巻(講談社選書メチエ 698)


アンコール-セミネール第ⅩⅩ巻(講談社選書メチエ 698)
ジャック・ラカン 藤田 博史 片山 文保
講談社選書メチエ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「フロイトへの回帰」を唱えた精神分析の中興の祖ジャック・ラカン。聴衆を前にして行われたセミネールの中でも最も名高く、最も重視されてきた、1972-73年度に行われた「アンコール」を全訳。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ