さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

精神分析・深層心理

ハイデガーとラカン-精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー


ハイデガーとラカン-精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー
小笠原 晋也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「精神分析はどのように基礎づけられるか?」という問いを手がかりに、ラカンがいかに多くをハイデガーに負うているかを解明。さらに、ラカンとラカン派分析家にとって「精神分析家である」とはいかなることか等を問う。

占星術とユング心理学-ユング思想の起源としての占星術と魔術


占星術とユング心理学-ユング思想の起源としての占星術と魔術
リズ・グリーン 鏡 リュウジ 上原 ゆうこ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
英国の心理占星術の泰斗であり、ユング派の心理分析家であるリズ・グリーンが、ユング心理学における占星術の影響について解明。未公開の資料までをも発掘し、ユングの思想の源泉にせまる。鏡リュウジによる解説付き。

「無意識」はすべてを知っている-内なる力を呼び覚ます


「無意識」はすべてを知っている-内なる力を呼び覚ます
町田 宗鳳

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
私たちの内面に広がる宝、「無意識の力」とつながると、人生の風景は大きく変わってくる。無意識とは何か、心理学や仏教の考え方を紹介しながら明らかにするとともに、「無意識と対話して夢を実現させる道」についても語る。

死ぬ瞬間-死とその過程について(中公文庫)


死ぬ瞬間-死とその過程について(中公文庫)
エリザベス・キューブラー・ロス 鈴木 晶
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

精神分析の諸相-多様性の臨床に向かって


精神分析の諸相-多様性の臨床に向かって
吾妻 壮

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今日、精神分析のあり方は多様化の一途を辿っているが、その傾向は、世界最多の精神分析家を擁する米国において顕著である。精神分析をめぐる最新の議論を、米国の動きに注目しながら紹介する。

悪における善-心理学のパラドックス


悪における善-心理学のパラドックス
アドルフ・グッゲンビュール=クレイグ 山中 康裕 佐渡 忠洋

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
善人も悪の、悪人も善の側面を持つ-。心理療法家として数々の人間の矛盾に遭遇してきたユング派の重鎮・グッゲンビュール=クレイグが、矛盾をはらむ人間や社会の姿を「逆説」から考察する。

分析心理学セミナー-1925年、チューリッヒ


分析心理学セミナー-1925年、チューリッヒ
C.G.ユング ソヌ・シャムダサーニ ウィリアム・マガイアー 横山 博 大塚 紳一郎 河合 麻衣子 小林 泰斗

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
フロイトとの交流と決別、その後に訪れた心の危機、そして<無意識との対決>から超越機能へ-。1925年のチューリッヒにおいて、ユング心理学がまさに産声をあげたセミナーの記録。

この社会で働くのはなぜ苦しいのか-現代の労働をめぐる社会学/精神分析


この社会で働くのはなぜ苦しいのか-現代の労働をめぐる社会学/精神分析
樫村 愛子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
労働が現在と新しい社会においてどのようなものとしてあるのか。「就活」「コミュニケーション」「マネジメント」「うつ」など、多角的・多層的な視点から、今日の労働問題の根底にある社会と主体の変容を精緻に読み解く。

フロイディアン・ステップ-分析家の誕生


フロイディアン・ステップ-分析家の誕生
十川 幸司

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
精神分析を創始し、20世紀の思想を決定付けたフロイト。フロイトの何が重要で、現代の臨床とどう接続するのか。分析家としてどのような変容を遂げ、理論を刷新したのか。その思想の核心を明かす。

ラカン-反哲学3 セミネール1994-1995(叢書・ウニベルシタス 1100)


ラカン-反哲学3 セミネール1994-1995(叢書・ウニベルシタス 1100)
アラン・バディウ ヴェロニク・ピノー 原 和之
叢書・ウニベルシタス

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代の反哲学は、ニーチェに始まり、ウィトゲンシュタインを経て、ラカンで締め括られる。それは思考の布置の中で、われわれを何に対して開くのか-。1994年11月〜1995年6月に開催された9回のセミネールの記録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ