さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

精神分析・深層心理

トラウマ研究 2 トラウマを共有する


トラウマ研究 2 トラウマを共有する
田中 雅一 松嶋 健 小田 博志 酒井 朋子 三田 牧 青木 恵理子 マヤ・カハノフ 中屋敷 千尋 窪田 幸子 冨田 暁 岡田 浩樹 北岡 一弘 武田 龍樹 吉田 尚史 アナ・カーデン=コイン 野村 亜矢香 藤原 久仁子 中村 平 松田 素二 福浦 厚子 ニコラ・タジャン 兼清 順子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
トラウマ経験や現代社会における社会的苦悩を扱い、その実態を社会・文化的文脈で理解することを目指すとともに、解決についても実践的な視点から論じる。2は、トラウマの共有・分有・感染・継承を軸に考察した論考を収録。

良い加減に生きる-歌いながら考える深層心理(講談社現代新書 2522)


良い加減に生きる-歌いながら考える深層心理(講談社現代新書 2522)
きたやま おさむ 前田 重治
講談社現代新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いい加減に生きることを許されない現代、一度だけの人生を自分らしく創っていくには? 「あの素晴しい愛をもう一度」「風」などの名曲を題材に、きたやまおさむと前田重治の2人の精神科医が日本人の生き方を問う。

LIBRARY iichiko-quarterly intercultural a journal for transdisciplinary studies of pratiques No.141(2019WINTER) ラカンからの現代世界言説


LIBRARY iichiko-quarterly intercultural a journal for transdisciplinary studies of pratiques No.141(2019WINTER) ラカンからの現代世界言説
河北 秀也

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

ウィニコットとの対話


ウィニコットとの対話
ブレット・カー 妙木 浩之 津野 千文

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今は亡き精神分析家、ウィニコットとの想定問答。ウィニコット研究の第一人者である著者が、未公開のケース記録や書簡、文献、関係者のインタビューをもとに、対話のかたちで、ウィニコットの息遣いと理論の要を明らかにする。

新訳夢判断(新潮モダン・クラシックス)


新訳夢判断(新潮モダン・クラシックス)
フロイト 大平 健
新潮モダン・クラシックス

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひた隠しにしていた性的欲求が丸出しの夢、試験に落ちる夢、親を殺す夢…。本当の自分が潜む場所「夢」を分析し、悩みを解き明かすフロイトの歴史的ベストセラー。長年患者の夢や無意識と向き合い続けた精神科医による翻訳。

アンコール-セミネール第ⅩⅩ巻(講談社選書メチエ 698)


アンコール-セミネール第ⅩⅩ巻(講談社選書メチエ 698)
ジャック・ラカン 藤田 博史 片山 文保
講談社選書メチエ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「フロイトへの回帰」を唱えた精神分析の中興の祖ジャック・ラカン。聴衆を前にして行われたセミネールの中でも最も名高く、最も重視されてきた、1972-73年度に行われた「アンコール」を全訳。

精神分析学入門


精神分析学入門
フロイト 懸田 克躬
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

いかにして日本の精神分析は始まったか -草創期の5人の男と患者たち-


いかにして日本の精神分析は始まったか -草創期の5人の男と患者たち-
西 見奈子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

一億総他責社会


一億総他責社会
片田 珠美
イースト新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
互いに被害者意識を抱き、刺し合う現代社会。その構造を、より弱い者に怒りを向け変える「置き換え」と、何でも他人のせいにする他責的傾向をキーワードに、気鋭の精神科医が分析。「一億総他責社会」を生き抜く処方箋も示す。

唯幻論始末記 -わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか-


唯幻論始末記 -わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか-
岸田 秀

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
熱狂的な支持と一部の反対・批判にもさらされてきた「唯幻論」。その背景には、まとわりついていた強迫観念があった-。<母の愛>に苦しめられた自らの人生とともに唯幻論の一部始終を総括する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ