さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

経済学

新編マルクス経済学再入門-商品・貨幣から独占資本まで 上巻


新編マルクス経済学再入門-商品・貨幣から独占資本まで 上巻
森田 成也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
批判的マルクス派の視点から、資本主義の本質とその内的傾向を解明する入門講座。上巻は、商品と貨幣から直接的生産過程、資本の蓄積過程までを収録する。

クルーグマンマクロ経済学 第2版


クルーグマンマクロ経済学 第2版
ポール・クルーグマン ロビン・ウェルス 大山 道広 石橋 孝次 塩澤 修平 白井 義昌 大東 一郎 玉田 康成 蓬田 守弘

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現実的な事例やデータを使って概念をわかりやすく、かつ面白く例解した経済学入門、マクロ編。マクロ経済学の全体像、長期の経済成長と短期の経済変動、安定化政策、開放経済などを収載。見返しに目次一覧あり。

経済学はどのように世界を歪めたのか-経済ポピュリズムの時代


経済学はどのように世界を歪めたのか-経済ポピュリズムの時代
森田 長太郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
主流派経済学の実験場としての日本-その主たる要因となった「経済ポピュリズム」「サイレント・マジョリティ」とは何か。トップアナリストが、経済学の源流から直近の金融政策までをつぶさに追い、詳細に分析する。

行動経済学の使い方(岩波新書 新赤版 1795)


行動経済学の使い方(岩波新書 新赤版 1795)
大竹 文雄
岩波新書 新赤版

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
研究と応用が進み、いまや「使う」段階にきている行動経済学。その考え方をわかりやすく解説し、行動経済学を使ったナッジの作り方と、仕事、健康、公共政策における具体的な応用例を紹介する。

資本主義に出口はあるか(講談社現代新書 2536)


資本主義に出口はあるか(講談社現代新書 2536)
荒谷 大輔
講談社現代新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新自由主義がもたらす現代の苦悩…本当に「この社会しかありえない」のだろうか? 本当の意味での「自由」「平等」「多様性の尊重」を実現する社会のあり方とは? 気鋭の哲学者が描く、歴史の法則と未来への道標。

MMT現代貨幣理論入門


MMT現代貨幣理論入門
L.ランダル・レイ 島倉 原 鈴木 正徳

予約数: 7
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
MMT(現代貨幣理論)研究の第一人者による「バイブル」。マクロ会計の基礎から主権通貨のための現代貨幣理論までを専門用語を使わず解説する。MMTをいち早く日本に紹介した中野剛志と“反緊縮の旗手”松尾匡の解説付き。

資本主義はいかに衰退するのか-ミーゼス、ハイエク、そしてシュンペーター(NHKブックス 1258)


資本主義はいかに衰退するのか-ミーゼス、ハイエク、そしてシュンペーター(NHKブックス 1258)
根井 雅弘
NHKブックス

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
資本主義が行き詰まりを見せる現在の状況を見事に「予言」した、20世紀を代表する経済学者シュンペーター。その思想の核心を、ミーゼスやハイエクとの比較という、従来なかった視点から多角的に掘り下げる。

ものがたりで学ぶ経済学入門


ものがたりで学ぶ経済学入門
根井 雅弘

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
経済学者と出会った高校3年生の経太。歴史や政経の教科書を読み返したり、夢で経済学の巨人と会話したりするうちに、偉大な経済学者と夢の中で対話するまでになり…。小説形式で描いた経済学の入門書。

現代経済学の潮流 2019


現代経済学の潮流 2019
宇井 貴志 加納 隆 原 千秋 渡部 敏明 林 文夫 中嶋 亮 今井 晋 菊地 雄太 田中 藍子 大屋 幸輔 中島 賢太郎 新谷 元嗣 深尾 京司

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本経済学会の2018年度春季・秋季大会で発表された論文の中から、会長講演、石川賞講演、および3つの特別報告論文を収録。ほか、2つのパネル討論、中原賞受賞者・向山敏彦の受賞理由も掲載する。

環境にお金を払う仕組み-PES(生態系サービスへの支払い)が分かる本


環境にお金を払う仕組み-PES(生態系サービスへの支払い)が分かる本
柴田 晋吾

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
環境を守りつつ、同時に持続可能な発展を実現するための革新的な取り組みとして注目されているPES(生態系サービスへの支払い)。その理論と世界各地での取り組み状況を分かりやすく解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ