さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

絵画・版画

埼玉子どもの絵-郷土を描く 第39集


埼玉子どもの絵-郷土を描く 第39集


予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ふるさと埼玉を愛する心を育てるため毎年実施されている「郷土を描く児童生徒美術展」。令和2年度の応募作品の中から、各地区での審査を通過して知事賞に選ばれた120点を収録する。

埼玉子どもの絵-郷土を描く 第38集


埼玉子どもの絵-郷土を描く 第38集


予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ふるさと埼玉を愛する心を育てるため毎年実施されている「郷土を描く児童生徒美術展」。令和元年度の応募作品の中から、各地区での審査を通過して知事賞に選ばれた120点を収録する。

窪島誠一郎コレクシオン 4 無言館随想


窪島誠一郎コレクシオン 4 無言館随想
窪島 誠一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
気に入った作品に出会うとたちまちコレクションしたくなる、風変りな一収集家の記憶のコレクションといえるシリーズ全5巻。4は、戦没画学生の遺作を展示する美術館「無言館」の成り立ち、開館・運営などを綴ったものを収録。

コミュニケーションを生み出すアートの力-日本で生まれた「トリックアート」が人の心をつかむ秘密


コミュニケーションを生み出すアートの力-日本で生まれた「トリックアート」が人の心をつかむ秘密
清水 弘

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平面の絵なのに立体的に見える「トリックアート」はどのように生まれ、どのように進化してきたのか。生い立ちから現在の発展までの活動や苦闘・工夫の数々、デジタル化が進むこれからの時代の目指す世界などを綴る。

窪島誠一郎コレクシオン 3 美術館随想


窪島誠一郎コレクシオン 3 美術館随想
窪島 誠一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
気に入った作品に出会うとたちまちコレクションしたくなる、風変りな一収集家の記憶のコレクションといえるシリーズ全5巻。3は、自ら収集し建てた美術館で絵と暮らす日々を綴った「信濃デッサン館日記」等を収録する。

90歳セツの新聞ちぎり絵


90歳セツの新聞ちぎり絵
木村 セツ

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
夫を亡くし、90歳で始めた新聞ちぎり絵で才能が開花した著者。精緻でありながらユーモラスで可愛らしい作品の数々を著者の言葉を添えて紹介するほか、作品ができるまでの工程、これまでの人生を語ったインタビューも収録。

その子は、なにを描こうとしたのか?


その子は、なにを描こうとしたのか?
岡田 京子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
同じ作品でも、見る人によって見方や考え方はこんなに違う。さまざまな人たちと子供の絵を見ながら、「子供がどんなことを感じ、考え、思い描きながら絵を描いていったのか」を想像し、探っていった記録。

窪島誠一郎コレクシオン 1 美術の眼


窪島誠一郎コレクシオン 1 美術の眼
窪島 誠一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
気に入った作品に出会うとたちまちコレクションしたくなる、風変りな一収集家の記憶のコレクションといえるシリーズ全5巻。1は、コレクター・美術館主が選んだ33人の作家と36の作品を綴る。

窪島誠一郎コレクシオン 2 美術の眼 2


窪島誠一郎コレクシオン 2 美術の眼 2
窪島 誠一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
気に入った作品に出会うとたちまちコレクションしたくなる、風変りな一収集家の記憶のコレクションといえるシリーズ全5巻。2は、松本竣介ら大正・昭和期の夭折画家の評論・追想録、画家の「絶筆」に関するエッセイ等を収録。

奇想の国の麗人たち-絵で見る日本のあやしい話(らんぷの本 mascot)


奇想の国の麗人たち-絵で見る日本のあやしい話(らんぷの本 mascot)
中村 圭子
らんぷの本 mascot

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中世の絵巻や奈良絵本、江戸時代の草双紙や浮世絵、明治から昭和初期に出版された雑誌の挿絵、現代の画家が描いた絵画…。日本人が長年語り続けてきた、伝説や古典文学を、その物語にまつわる絵画とともに紹介する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ