さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

織田信長-小説

嵐を呼ぶ男!-NOBUNAGA


嵐を呼ぶ男!-NOBUNAGA
杉山 大二郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦国の覇者、織田信長。その破天荒な言動は、自分がつくりあげたい理想の世の中=奪わず、殺し合わなくてもよい世の中「天下静謐」を実現するためだった…。熱血の信長の若き日々を描く長篇戦国歴史ロマン。

鬼と人と-信長と光秀 上(朝日文庫 さ26-6 朝日時代小説文庫)


鬼と人と-信長と光秀 上(朝日文庫 さ26-6 朝日時代小説文庫)
堺屋 太一
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
己が理想の国を目指し、天下布武に邁進する信長は、歯向かう者をことごとく葬り去っていく。その苛烈極まる戦いの中、光秀は信長に抗する自らの内なる声を聞く。その甘い響きは、やがて彼自身を蝕みはじめ…。

鬼と人と-信長と光秀 下(朝日文庫 さ26-7 朝日時代小説文庫)


鬼と人と-信長と光秀 下(朝日文庫 さ26-7 朝日時代小説文庫)
堺屋 太一
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
四国を牛耳る長曾我部元親討伐の先手を待ち望む光秀だが、信長から下されたのは秀吉の後詰めに加え、丹波と坂本の領地替えだった。屈辱に震える中、信長が滞在する本能寺の守備が手薄だと知り…。

信長、天を堕とす


信長、天を堕とす
木下 昌輝

予約数: 12
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
敵将への嫉妬、家臣に対する猜疑心、消えない自己不信。神を目指した戦国乱世の稀代の風雲児は、あまりにも人間臭い男だった…。新たな織田信長像を活写する。「信長、天が誅する」も同時刊行。『小説幻冬』掲載を書籍化。

信長、天が誅する


信長、天が誅する
天野 純希

予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
重用されつつも信長の限界を悟った明智光秀、信長とは逆に人の道を歩もうとした武田勝頼…。織田信長打倒を誓ったが故に狂ってしまった5つの人生を描く。「信長、天を堕とす」も同時刊行。『小説幻冬』掲載を書籍化。

信長の軍師 巻の4(祥伝社文庫 い30-4) 大悟編


信長の軍師 巻の4(祥伝社文庫 い30-4) 大悟編
岩室 忍
祥伝社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
有力武将の相次ぐ死去により信長の天下統一を妨げる武将はいなくなる。しかし、正親町天皇は征夷大将軍を与えなかった。師沢彦宗恩は、信長と朝廷との溝に絶望する。そんな折、信長は甲州征伐を断行するが-。

信長の軍師 巻の2(祥伝社文庫 い30-2) 風雲編


信長の軍師 巻の2(祥伝社文庫 い30-2) 風雲編
岩室 忍
祥伝社文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
元服した吉法師に師沢彦宗恩は織田三郎信長と名付け、美濃の蝮斎藤利政の娘を信長の正室に迎え、着々と尾張統一の足場を固めていく。一方、信長は、鉄砲隊設立の準備を極秘裡に始める。そんな中、今川義元の軍師死去の噂が…。

信長の軍師 巻の3(祥伝社文庫 い30-3) 怒濤編


信長の軍師 巻の3(祥伝社文庫 い30-3) 怒濤編
岩室 忍
祥伝社文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今川義元を破った織田信長の名は全国に知れ渡る。一方、師の沢彦宗恩は天下統一の妨げとなる戦国大名を見極めるため、諸国の武将を訪ね続ける。そんな折、足利義昭の将軍擁立の大義名分を得た信長に、遂に上洛の機会が訪れ…。

信長の軍師 巻の1


信長の軍師 巻の1
岩室 忍
祥伝社文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
美濃の僧沢彦宗恩は、織田弾正忠家三代に仕える家老・平手政秀の招きで尾張を訪れた。当主織田信秀の子・吉法師の師となることを懇願された沢彦は、吉法師の聡明さに触れて依頼を受けるが…。

炯眼に候


炯眼に候
木下 昌輝

予約数: 17
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
実は信長には、誰よりも物事の本質をとらえる「眼」があったのではないか-。史実を踏まえつつ独自の着眼で、信長の理知的、戦略的な面に光を当てた短編集。『オール讀物』掲載に加筆し単行本化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ