さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

考古学・遺跡

前方後円墳とはなにか(中公叢書)


前方後円墳とはなにか(中公叢書)
広瀬 和雄
中公叢書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
構造は共通性を持ちながらも、歴然たる規模の階層性を見せている前方後円墳。共通性と階層性はなにを語っているのか。各地の豊富な事例研究を通して、その出現から7世紀初めの終焉におよぶ古墳時代の新しい国家像を描きだす。

食べ物の民俗考古学-木の実と調理道具


食べ物の民俗考古学-木の実と調理道具
名久井 文明

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
木の実の乾燥・備蓄、それを割った石器…。縄紋時代以降の人々は食べ物をどのように処理し、利用したか。出土遺物が形成された背景を、各地に残る民俗事例を参照して追究する。「生活道具の民俗考古学」の姉妹編。

生活道具の民俗考古学-籠・履物・木割り楔・土器


生活道具の民俗考古学-籠・履物・木割り楔・土器
名久井 文明

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
籠、曲げ物、土器…。縄紋時代以降の人々は生活道具をどのように作り、使用したか。出土遺物が形成された背景を、各地に残る民俗事例を参照して追究。現代に受け継がれる様々な技術を見出す。「食べ物の民俗考古学」の姉妹編。

魏都・洛陽から倭都・邪馬台国へ-『親魏倭王』印の旅


魏都・洛陽から倭都・邪馬台国へ-『親魏倭王』印の旅
石野 博信 木原 正昭 来村 多加史 高久 健二 久住 猛雄 福永 伸哉 東 潮 井上 主税 藤井 康隆 森岡 秀人

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「魏志倭人伝」と「親魏倭王」印から、邪馬台国時代の東アジアを探る。2017年3月に行われた、ふたかみ邪馬台国シンポジウム17「総別シンポジウム」を書籍化。ふたかみ邪馬台国シンポジウム開催記録も収録。

埼玉の古墳めぐり-謎とロマンの70基


埼玉の古墳めぐり-謎とロマンの70基
宮川 進

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ナゾが一杯の埼玉古墳群(行田市)、実は前方後円墳の目沼浅間塚古墳(杉戸町)、不思議なカタチの宮塚古墳(熊谷市)…。埼玉県の古墳を、写真や地図、アクセス等のデータとともに紹介する。見返しに古墳分布概略図あり。

縄文王国やまなし


縄文王国やまなし
九州国立博物館

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
渦巻く水煙から立ち上がる土器の文様、心奪われる土偶たち…。重要文化財釈迦堂遺跡出土品を中心に、山梨県から出土した縄文時代の最盛期の土器、土偶、人々の豊かな暮らしについて、写真とともに紹介する。

都心から行ける日帰り古墳-関東1都6県の古墳と古墳群102 TOKYO/SAITAMA/CHIBA/KANAGAWA/GUNMA/TOCHIGI/IBARAKI


都心から行ける日帰り古墳-関東1都6県の古墳と古墳群102 TOKYO/SAITAMA/CHIBA/KANAGAWA/GUNMA/TOCHIGI/IBARAKI
日帰り古墳推進委員会

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東京タワーのご近所古墳、神奈川の古代アートな古墳、黄門様が発掘した栃木の古墳…。魅力たっぷり&個性豊かな関東1都6県の古墳と古墳群102を紹介する。データ:2019年10月現在。

発見!ユダヤ人埴輪の謎を解く


発見!ユダヤ人埴輪の謎を解く
田中 英道

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本で、高い帽子、伸びた髭、豊かなもみあげをつけたユダヤ人埴輪が多数出土している。それは秦氏一族である-。古代史の謎を、形象学・遺伝子学・文献学から実証的に解明する。

古瓦図鑑


古瓦図鑑
石田 茂作

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治・大正期の考古学者、高橋健自が収蔵した日中韓の古瓦コレクションを、仏教考古学者の石田茂作が形式ごとに分類・編集して戦前に刊行した貴重な図鑑を新装復刻。発見地や寸法も明記するなど、古代史・考古研究の重要資料。

南の島のよくカニ食う旧石器人(岩波科学ライブラリー 287)


南の島のよくカニ食う旧石器人(岩波科学ライブラリー 287)
藤田 祐樹
岩波科学ライブラリー

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の人類史でもっとも古く、長く、そして謎の多い旧石器時代。ウナギを釣り、貝のビーズでおしゃれして、旬のカニをたらふく食べる。沖縄の洞窟遺跡の膨大な遺物から見えてきた、旧石器人の優雅な生活をいきいきと描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ