さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

考古学・遺跡

考古調査ハンドブック 17


考古調査ハンドブック 17

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
縄文時代とはどのような時代で、どのような要素からなっているのか。全体としてどのような問題が提示され、議論されているのか。近年の発掘成果を踏まえて、縄文時代の実像に迫る。図版も多数収録。

ミュオグラフィ -ピラミッドの謎を解く21世紀の鍵-


ミュオグラフィ -ピラミッドの謎を解く21世紀の鍵-
田中 宏幸 大城 道則

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
最新の科学技法であるミュオグラフィを用いて、カフラー王のピラミッドの重さを計ることに初挑戦。そこから得られた新たな知見・情報から、ピラミッド研究の新たな可能性やミュオグラフィのさらなる可能性を探る。

土木技術の古代史


土木技術の古代史
青木 敬
歴史文化ライブラリー

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古代から、土木技術は社会発展の礎となってきた。日本各地の古墳や名だたる仏教寺院・宮殿建築を生み出してきた伝統的工法を、豊富な発掘成果とともに紹介。古代の先端技術から、当時の人々が目指した社会を照射する。

出雲の古墳ADVENTURE


出雲の古墳ADVENTURE
まりこふん はにわの先生

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
道なき道をかき分けて古墳を探し出す…。出雲の古墳はアドベンチャー! 古墳シンガーソングライターが、出雲の古墳を案内する、古墳中級者向けガイドブック。見学難易度、必須アイテムなども掲載。メモ欄あり。

美しい古墳 -白洲塾長の世界一毒舌な授業-


美しい古墳 -白洲塾長の世界一毒舌な授業-
白洲 信哉 秦 まゆな
ワニブックス|PLUS|新書

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
5世紀そのままの形を今に伝え、圧倒的な偉容を誇る、仁徳陵に代表される巨大な前方後円墳。時代を象徴した建造物である古墳の魅力や謎を紹介するとともに、古墳の今後の在り方を考える。

人はなぜ戦うのか -考古学からみた戦争-


人はなぜ戦うのか -考古学からみた戦争-
松木 武彦
中公文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
弥生時代、戦争は「先進文化」として到来した。食糧をめぐる争いは、いかに組織化され、強大な軍事力となるのか。傷ついた人骨・副葬武器等、膨大な発掘資料をもとに列島の戦いのあとを読み解き、戦争発展のメカニズムに迫る。

古代東国の地方官衙と寺院


古代東国の地方官衙と寺院
佐藤 信 荒井 秀規 近江 俊秀 田尾 誠敏 中村 順昭 森 公章 三舟 隆之 宮瀧 交二 井上 翔 大村 浩司 山路 直充 川口 武彦 糸川 崇 田中 弘志 馬場 保之 滝沢 匡 出浦 崇 中村 渉 知久 裕昭 栗田 一生 深谷 昇 吉原 啓 藤木 海

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古代東国の地方官衙=郡家について、官衙と一体であった寺院との関係に焦点を当てながら、その実像に迫る。2015年度史学会例会のシンポジウムの成果をもとに、関連する考察や調査・研究成果を増補して書籍化。

モノと技術の古代史 陶芸編


モノと技術の古代史 陶芸編
小林 正史 北野 博司 宇野 隆夫 望月 精司 木立 雅朗

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
モノと技術の発展をテーマごとに解説するシリーズ。貯蔵・調理・食事に使われた壷・甕、鍋釜、鉢・坏等の土器。民族誌の比較に基づいて各器種の使い方を解明し、時期や地域ごとに形・作りが異なる理由、製作技術の工夫を描く。

文化進化の考古学


文化進化の考古学
中尾 央 松木 武彦 三中 信宏 井原 泰雄 田村 光平 中川 朋美 野下 浩司

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生物進化の考え方は、祖先から継承されてきた文化進化にもつかえる。土器、古墳、人骨など、日本の考古遺物に、文化進化のメスを入れ、歴史科学構築の基盤を提供する。

古代豪族葛城氏と大古墳


古代豪族葛城氏と大古墳
小笠原 好彦

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
奈良盆地南西部に葛城氏の大型古墳が集中して造られたのはなぜか。考古学による研究成果と「古事記」「日本書紀」の首長系譜を対比し、葛城氏の被葬者をすべて想定。畿内の最有力豪族の政治力、経済力、軍事力を解明する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ