さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

藻谷浩介

世界まちかど地政学NEXT


世界まちかど地政学NEXT
藻谷 浩介

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
再開発が進む途上国ラオスや東ティモールで起きている格差拡大の実態から、「ヨーロッパの火薬庫」旧ユーゴとアルバニアの現在まで、世界経済のリアルから日本の未来を照射する。『経済プレミア』連載を書籍化。

子どもが増えた! -明石市人口増・税収増の自治体経営-


子どもが増えた! -明石市人口増・税収増の自治体経営-
湯浅 誠 泉 房穂 藻谷 浩介 村木 厚子 藤山 浩 清原 慶子 北川 正恭 さかなクン
光文社新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
子育て支援による子ども増・人口増・税収増で注目されている明石市。どこでもできる「やさしい社会」のつくり方を、現市長、元内閣府参与、自治体関係者、研究者らとともに示す。住民と市長の座談会も収録。

完本しなやかな日本列島のつくりかた -藻谷浩介対話集-


完本しなやかな日本列島のつくりかた -藻谷浩介対話集-
藻谷 浩介 新 雅史 宇都宮 浄人 嶋田 哲夫 山田 桂一郎 清水 義次 神門 善久 速水 亨 濱田 武士 山下 祐介 村上 智彦 菊池 省三 水田 惠 養老 孟司
新潮文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
商店街、限界集落、観光、農業、医療…。地元から奇跡が始まっている! 地域再生の現場を歩き尽くした著者と、日本を再生させる13人の“現智”の対話を収録する。実践的かつ、ヒントと希望が詰まった一冊。

世界まちかど地政学 -90カ国弾丸旅行記-


世界まちかど地政学 -90カ国弾丸旅行記-

藻谷 浩介

予約数: 9
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
地理と歴史で読み解く、世界経済がわかる旅行記。世界90カ国を訪ねた著者が、歴史認識と21世紀の現場で起きていることの観察を踏まえ、現代の地政学を論じる。『経済プレミア』連載を書籍化。

経済成長なき幸福国家論 -下り坂ニッポンの生き方-


経済成長なき幸福国家論 -下り坂ニッポンの生き方-
平田 オリザ 藻谷 浩介

Amazonでの評価:(2.7/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
低成長の「下り坂」の時代も、見方を変えれば「成熟した国家の高原状態」。潜在力をうまく活用すれば、活力のある社会は実現可能である。成長はしないけど貧乏にはならない方策について、平田オリザ、藻谷浩介が語り尽くす。

観光立国の正体


観光立国の正体
藻谷 浩介 山田 桂一郎
新潮新書

Amazonでの評価:(4.7/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
観光地の現場に跋扈する「地元のボスゾンビ」たちを一掃せよ! 観光のあるべき姿について考察するとともに、地方から日本を再生させるための処方箋を、地域振興のエキスパートと「観光カリスマ」が徹底討論する。

日本の大問題 -現在をどう生きるか-


日本の大問題 -現在をどう生きるか-
養老 孟司 藻谷 浩介

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代はどのような時代か。人はなぜ学べないのか。現代社会の行き着く先は-。日本と日本人に押し寄せるさまざまな難問・難題について、養老孟司と藻谷浩介が語り合う。養老孟司の教育論も収録。

和の国富論


和の国富論
藻谷 浩介

Amazonでの評価:(3.5/5.0)
予約数: 4
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ日本人は競争するほど生産性が落ちるのか。経済再生の鍵となる「和力」とは何か。地域再生の現場から生まれた脱競争の成長戦略。6人の“現智の人”との対談を収録する。『新潮45』掲載を単行本化。

福島が日本を超える日


福島が日本を超える日
浜 矩子 白井 聡 藻谷 浩介 大友 良英 内田 樹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
原発事故から5年。苦悩、葛藤、模索、闘いから福島の人々が生みだしたものは、混迷を深める日本を乗り越えるだけの水準に達した-。「「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟」の原告を対象にして実施された講演会の記録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ