さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

裁判官

裁判長の沁みる説諭-刑事法廷は涙でかすんだ…


裁判長の沁みる説諭-刑事法廷は涙でかすんだ…
長嶺 超輝

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
司法という権威に頼ることなく、犯罪の奥にある悲しい事情と当事者の感情に寄り添っていく、類まれな裁判官がいる。道を踏みはずしてしまった人々の罪に対して示された、裁判官の「30の聖断」を紹介する。

裁判官も人である-良心と組織の狭間で


裁判官も人である-良心と組織の狭間で
岩瀬 達哉

予約数: 20
予想待ち時間: 10か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
出世欲、プライド、正義感、情熱…。生々しい感情が渦巻く裁判官の世界。100人を超える裁判官への取材で、閉ざされた世界の住人の「素顔」に迫り、裁判所の内幕を解明する。『週刊現代』連載を加筆修正。

裁判官失格-法と正義の間で揺れ動く苦悩と葛藤(SB新書 496)


裁判官失格-法と正義の間で揺れ動く苦悩と葛藤(SB新書 496)
高橋 隆一
SB新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
裁判官といえども人間。血もあれば涙もある。死刑と無期懲役との間で葛藤もするし、モラルのない弁護士がいれば法廷で怒るときもある。殺人犯の更生を願うときもある…。法服の裏の本心を、元・判事が告白する。

弁護士・検察官・裁判官の一日(暮らしを支える仕事見る知るシリーズ 10代の君の「知りたい」に答えます)


弁護士・検察官・裁判官の一日(暮らしを支える仕事見る知るシリーズ 10代の君の「知りたい」に答えます)
WILLこども知育研究所
暮らしを支える仕事見る知るシリーズ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
暮らしを支える仕事で活躍する人の中から弁護士・検察官・裁判官を取り上げ、その一日を写真で紹介。法曹(弁護士・検察官・裁判官)になるためのルートや、司法試験、働き方、収入などを解説する。インタビューも掲載。

最高裁に告ぐ


最高裁に告ぐ
岡口 基一

予約数: 10
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ツイッターをやめるか、裁判官を辞めるか。自らの関与しない訴訟記事を紹介したツイートが原因で「分限裁判」にかけられた著者。前代未聞の事態の当事者となって体験したことや、そこから見つめ直した司法、社会の現実を綴る。

裁判官は劣化しているのか


裁判官は劣化しているのか
岡口 基一

予約数: 4
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現職の裁判官が裁判所の内部事情を暴露。裁判官の「智」を支えるシステムと、それが失われ、替わるものが構築されていないことを、自らの経験をもとに解説。国民が知るべき裁判所・裁判官の世界を記す。

憲法学からみた最高裁判所裁判官 -70年の軌跡-


憲法学からみた最高裁判所裁判官 -70年の軌跡-
渡辺 康行 木下 智史 尾形 健 千葉 勝美 赤坂 幸一 嘉多山 宗 山元 一 早瀬 勝明 川岸 令和 片桐 直人 巻 美矢紀 笹田 栄司 齊藤 愛 田代 亜紀 上田 健介 見平 典

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
最高裁判例をより深く読み解くために、それを生み出した裁判官個人に焦点をあてて研究。最高裁70年の歴史を振り返り、これからの違憲審査制度のあり方を考える。『法律時報』連載を単行本化。千葉勝美による特別寄稿も収録。

裁判所の正体 -法服を着た役人たち-


裁判所の正体 -法服を着た役人たち-
瀬木 比呂志 清水 潔

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 19
予想待ち時間: 9か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
良心と憲法と法律に従い判決を下し、権力の暴走を監視する憲法の番人。だがその実態は、それとは懸け離れたものだった-。官僚機構に強力に統制され、政治への忖度で判決を下す裁判官たちの驚愕の姿を、元裁判官と記者が暴く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ