さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

講談社学術文庫

日本の修史と史学-歴史書の歴史(講談社学術文庫 2623)


日本の修史と史学-歴史書の歴史(講談社学術文庫 2623)
坂本 太郎
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「古事記」「日本書紀」にはじまり明治政府の歴史編纂事業にいたるまで、およそ1300年以上にわたって日本ではさまざまな歴史書が編まれてきた。50を超える歴史書の特色を紹介し、歴史叙述の変遷の軌跡を描き出す。

憲法問題(講談社学術文庫 2612)


憲法問題(講談社学術文庫 2612)
恒藤 恭
講談社学術文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本に憲法改正の資格はあるのか? 占領期から新日米安保に至る過程をつぶさに見てきた稀代の法学者が、「押しつけ」を根拠にした憲法改正論に含まれる問題を徹底的に明らかにする。

日本の庶民仏教(講談社学術文庫 2613)


日本の庶民仏教(講談社学術文庫 2613)
五来 重
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本に伝わった仏教は、庶民の間で不安や苦痛等からの救済として取り入れられ、各地で独自の発展を見せた。観音さま、山信仰、お遍路さん-本来の教義から離れた仏教信仰は、信仰たりえるのか。日本の仏教文化を問い直す。

ミシェル・フーコー 増補改訂(講談社学術文庫 2615)


ミシェル・フーコー 増補改訂(講談社学術文庫 2615)
内田 隆三
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史上の言説分析から合理性の型の多様さを描き出し、思考の臨界点に挑んだ「知の考古学者」ミシェル・フーコーの到達点とは? 原本に長大な序文を付して全貌に迫る。

全体性と無限(講談社学術文庫 2566)


全体性と無限(講談社学術文庫 2566)
エマニュエル・レヴィナス 藤岡 俊博
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
個体から主体性を奪い、暴力を導く「全体性」に対抗するために「無限」を説く。20世紀を代表する哲学者エマニュエル・レヴィナスによる、現代の世界に不可欠の書。

レヴィナス-「顔」と形而上学のはざまで(講談社学術文庫 2567)


レヴィナス-「顔」と形而上学のはざまで(講談社学術文庫 2567)
佐藤 義之
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近年ますます注目を浴びるフランスのユダヤ系哲学者エマニュエル・レヴィナスの主著「全体性と無限」と「存在の彼方へ」を、第一人者が明快かつていねいに読解し、「ケア」をはじめとする具体的な場面に接続する。

ルイ・ボナパルトのブリュメール18日(講談社学術文庫 2569)


ルイ・ボナパルトのブリュメール18日(講談社学術文庫 2569)
カール・マルクス 丘沢 静也
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ナポレオンの甥は、いかにして皇帝への道を歩んだのか? 1848年の革命から3年後のクーデターで国民の圧倒的な支持を得るまでの過程を、ジャーナリストとしてのマルクスが徹底的に分析する。

ガリレオの求職活動ニュートンの家計簿-科学者たちの生活と仕事(講談社学術文庫 2611)


ガリレオの求職活動ニュートンの家計簿-科学者たちの生活と仕事(講談社学術文庫 2611)
佐藤 満彦
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
お金がない、でも研究したい! 「科学者」という職業が成立する19世紀はじめまで、研究者の生活は厳しかった。パトロン探し、権利争い、師弟の確執、激しい論争…。天才科学者たちの生涯から見た、異色の<科学史>。

ペルシア人の手紙(講談社学術文庫 2564)


ペルシア人の手紙(講談社学術文庫 2564)
シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー 田口 卓臣
講談社学術文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
崩壊の危機に瀕するハーレムの運命やいかに? ペルシア貴族がヨーロッパに滞在しながら友人・知人とやり取りした161通の架空の手紙から成る、モンテスキューの出世作。思想と文学が交錯する前代未聞の世界を味わえる。

日本文法-口語篇・文語篇(講談社学術文庫 2607)


日本文法-口語篇・文語篇(講談社学術文庫 2607)
時枝 誠記
講談社学術文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間の心の中で起きる言語の働きに注目し、「言語過程説」と呼ばれる理論を築き上げた稀代の国語学者・時枝誠記。彼の代表作である日本語を具体的に分析した「口語篇」と「文語篇」を一冊に収録し文庫化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ