さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

講談社文芸文庫

東京物語考(講談社文芸文庫 ふA13)


東京物語考(講談社文芸文庫 ふA13)
古井 由吉
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
徳田秋聲、正宗白鳥ら地方出身作家が「東京」を舞台に紡いだ私小説、永井荷風、谷崎潤一郎が描いた戦後日本人の原像…。日本近代文学における「東京物語」の系譜をたずねて、重層的な時間を往還し、現代人の出自をたどる。

慶応三年生まれ七人の旋毛曲り-漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代(講談社文芸文庫 つL1)


慶応三年生まれ七人の旋毛曲り-漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代(講談社文芸文庫 つL1)
坪内 祐三
講談社文芸文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
幕末動乱の真っ只中、慶応三年に生を享けた夏目漱石、宮武外骨、南方熊楠、幸田露伴、正岡子規、尾崎紅葉、斎藤緑雨。膨大な文献を渉猟、咀嚼し、明治前期の世相と若き文人の群像を自在な筆致で綴った傑作評論。

新古今の惑星群(講談社文芸文庫 つE12)


新古今の惑星群(講談社文芸文庫 つE12)
塚本 邦雄
講談社文芸文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新字新仮名で刊行された「藤原俊成・藤原良経」を、正字正仮名表記へ戻し改題。新古今時代を支えた「惑星」俊成・良経・家隆・俊成卿女・宮内卿・寂蓮・慈円を論じ尽くす歴史的名著。

海獣/呼ぶ植物/夢の死体-初期幻視小説集(講談社文芸文庫 しL4)


海獣/呼ぶ植物/夢の死体-初期幻視小説集(講談社文芸文庫 しL4)
笙野 頼子
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
体と心の「痛み」と向き合う日々が見せたこの世ならぬものたちを透明感あふれる筆致で描き出した初期短篇を、初文庫化作品を含めて5編収録。現在から当時を見つめる書下ろし「記憶カメラ」も併録する。

数奇伝(講談社文芸文庫 たAM1)


数奇伝(講談社文芸文庫 たAM1)
田岡 嶺雲
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
著作のほとんどが発禁となった叛骨の思想家・田岡嶺雲。少年期の民権運動への参加、中国山脈の山麓に住む芸妓との激しい恋と破綻、上海への渡航、従軍、筆禍での下獄…。貧困と差別のない世界を夢みた男の自叙伝。

男(講談社文芸文庫 こF11)


男(講談社文芸文庫 こF11)
幸田 文
講談社文芸文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
男は黙ってよく働いている。だいじにしなければなあと思う-。森林伐採、下水処理、救急医療…日常の暮らしを支える現場で黙々と働く男性たちに注ぐ、やわらかな眼差し。行動する作家・幸田文の「男」をめぐる初の随筆選。

村上春樹の世界(講談社文芸文庫 かP6)


村上春樹の世界(講談社文芸文庫 かP6)
加藤 典洋
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文芸評論家としてのキャリアのなかで、一貫して村上春樹作品へ強い関心を寄せていた著者。多様な角度から作品群に向き合い、その真価に迫る村上春樹論集。没後発表された遺稿「第二部の深淵」を収録する。

一人と千三百人/二人の中尉-平沢計七先駆作品集(講談社文芸文庫 ひJ1)


一人と千三百人/二人の中尉-平沢計七先駆作品集(講談社文芸文庫 ひJ1)
平沢 計七
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
関東大震災の混乱のなか亀戸事件によってわずか34歳で非業の死を遂げた労働運動家・平沢計七。彼は短い生涯で、瑞々しくも鮮烈な文芸作品を遺していた。短篇小説13篇、戯曲7篇と評論・エッセイ7篇を精選し収録。

テクストから遠く離れて(講談社文芸文庫 かP5)


テクストから遠く離れて(講談社文芸文庫 かP5)

加藤 典洋
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
ポストモダン思想とともに80年代以降、日本の文学理論を席巻した「テクスト論」批評。その淵源をバルト、デリダ、フーコーらの論にたどりつつ、同時代作家らの作品の読解を通して、新たな方法論を開示する。

つげ義春日記(講談社文芸文庫 つK1)


つげ義春日記(講談社文芸文庫 つK1)
つげ 義春
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和50年代、漫画家つげ義春は自作漫画が次々と文庫化され、人気を博す。一方で、将来への不安、育児の苦労、妻の闘病と自身の不調など、人生の尽きせぬ悩みに向き合う日々を、私小説さながらにユーモア漂う文体で綴る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ