さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

講談社選書メチエ

詩としての哲学-ニーチェ・ハイデッガー・ローティ(講談社選書メチエ 722)


詩としての哲学-ニーチェ・ハイデッガー・ローティ(講談社選書メチエ 722)
冨田 恭彦
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人はどこまでも道を切り開いていく可能性を持つ創造的存在。真理への接近を図る哲学から、開かれた思考を目指す哲学へ、理性主義の系譜を検証し、創造への新たな可能性を探る。

実力発揮メソッド-パフォーマンスの心理学(講談社選書メチエ 721)


実力発揮メソッド-パフォーマンスの心理学(講談社選書メチエ 721)
外山 美樹
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
あがりに圧しつぶされ、ライバルとの差に打ちのめされ。パフォーマンスを邪魔するのは何か? 本来持てる力を解き放ち、限界に挑む方法を、最新の心理学に基づいて解説する。

発達障害の内側から見た世界-名指すことと分かること(講談社選書メチエ 720)


発達障害の内側から見た世界-名指すことと分かること(講談社選書メチエ 720)
兼本 浩祐
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
精神科医が自らを「発達障害」と診断したとき、自分というもののあり方、他者との関係はどのように見えてくるのか。診断名は説明を可能にするが、それは人を了解することと同じ事態なのか。互いに「通じる」ことへの道を探る。

名前の哲学(講談社選書メチエ 719)


名前の哲学(講談社選書メチエ 719)
村岡 晋一
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西洋哲学の世界で長らくやっかいもの扱いされてきた名前。しかし、ドイツ・ユダヤ思想が、世界を別様に輝かせ…。ヴィトゲンシュタイン、ローゼンツヴァイク、ベンヤミンの思想を軸に、21世紀の共同体論を描きだす。

西田幾多郎の哲学=絶対無の場所とは何か(講談社選書メチエ 717)


西田幾多郎の哲学=絶対無の場所とは何か(講談社選書メチエ 717)
中村 昇
講談社選書メチエ

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
意識の「存在と無」の対立以前の真の無、西田幾多郎が求めた「絶対無の場所」。「存在と無」の裏側ともいうべき「場所」を考究した西田哲学とは-。重層的に、かつ明快に、その思考の核心をたどり尽くす。

MMT-現代貨幣理論とは何か(講談社選書メチエ 718)


MMT-現代貨幣理論とは何か(講談社選書メチエ 718)
井上 智洋
講談社選書メチエ

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
21世紀の経済論壇、政治潮流に激震を走らせた現代貨幣理論(MMT)。経済のマクロな仕組みの初歩から、貨幣というものの本質論まで、標準的な経済学の理論もふまえて、MMTを中立的に分析する。

ワイン法(講談社選書メチエ 715)


ワイン法(講談社選書メチエ 715)
蛯原 健介
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ワインの「ブランド」はフランス革命前夜から欧州統合に至る歴史の中で生まれ磨かれ、生産者たちの戦いはAOC(原産地呼称制度)へと結実する。世界の「食」を語るのに不可欠なものとなったワイン法の成り立ちと核心に迫る。

維摩経の世界-大乗なる仏教の根源へ(講談社選書メチエ 714)


維摩経の世界-大乗なる仏教の根源へ(講談社選書メチエ 714)
白石 凌海
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「維摩経」では在家仏教者・維摩詰と文殊、仏弟子との間での真理に関する問答により、大乗思想の根本が説かれる。1999年、新たに発見されたサンスクリット語写本の読解と研究成果を参照しつつ、「維摩経」の魅力を語る。

新しい哲学の教科書-現代実在論入門(講談社選書メチエ 712)


新しい哲学の教科書-現代実在論入門(講談社選書メチエ 712)
岩内 章太郎
講談社選書メチエ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
メイヤスー、ハーマン、そしてマルクス・ガブリエル。今、哲学者は何を考え、どこを目指しているのか? 最先端の哲学を明快に整理し、実在論に注目することで、ポスト・ヒューマニティーズの哲学に一定の見通しを与える。

「私」は脳ではない-21世紀のための精神の哲学(講談社選書メチエ 710)


「私」は脳ではない-21世紀のための精神の哲学(講談社選書メチエ 710)
マルクス・ガブリエル 姫田 多佳子
講談社選書メチエ

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
神経科学は人間の思考や意識、精神を「物」と同一視し、脳に還元する「誤った空想の産物」。具体例をまじえてていねいに考察し、人間の「自由」を高らかに宣言する。「なぜ世界は存在しないのか」に続く「3部作」の第2巻。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ