さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

財政学・国家財政

黒い匣-密室の権力者たちが狂わせる世界の運命 元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層


黒い匣-密室の権力者たちが狂わせる世界の運命 元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層
ヤニス・バルファキス 朴 勝俊 山崎 一郎 加志村 拓 青木 嵩 長谷川 羽衣子 松尾 匡

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ギリシャの人々が債務の束縛に対して2015年の1月から7月にかけて抵抗の声を上げた「ギリシャの春」。当時財務大臣を務め、国際債権団トロイカとの債務再編交渉を担当した著者が、半年間の反乱に対する鎮圧の深層を語る。

財政破綻の噓を暴く-「統合政府バランスシート」で捉えよ(平凡社新書 909)


財政破綻の噓を暴く-「統合政府バランスシート」で捉えよ(平凡社新書 909)
高橋 洋一
平凡社新書

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「1000兆円」という借金ばかりにとらわれていては、日本は将来を見誤る。財政の実体を連結ベースのバランスシートで把握することで、いかに増税が悪影響を及ぼすかを指摘し、未来に向けた財政支出の必要性を説く。

日本の「老後」の正体


日本の「老後」の正体
高橋 洋一
幻冬舎新書

予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

「消費増税」は噓ばかり


「消費増税」は噓ばかり
高橋 洋一
PHP新書

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
財政再建、社会保障のための消費増税に騙されるな! 政府資産の売却を拒み、国民に負担を強いる官僚の陰謀を完全論破。主に財政論、社会保障論の両面から消費増税が不要であることを示す。

政治家も官僚も国民に伝えようとしない増税の真実


政治家も官僚も国民に伝えようとしない増税の真実
高橋 洋一
SB新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「年金財源」に消費税なんて必要ない! 「少子高齢化」でも年金制度は維持できる! 増税には別の理由が隠されている! 元財務官僚が、政治家や官僚が国民に伝えていない増税の本当の理由を暴く。

データが語る日本財政の未来


データが語る日本財政の未来
明石 順平
インターナショナル新書

予約数: 17
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政府総債務残高の対GDP比が、先進諸国で唯一200%を超えている日本財政。公的データによる150以上のグラフや表を用いて、異次元的金融緩和、人口減少などあらゆる角度から問題点を分析。日本の未来に警鐘を鳴らす。

中江兆民と財政民主主義


中江兆民と財政民主主義
渡瀬 義男

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
財政民主主義の先駆者でもあった自由民権運動の理論家・中江兆民。危殆に瀕する財政民主主義の視点から、新たな兆民像を提示する。天皇・皇室論を含む初版刊行後の研究成果を加えた増補改訂版。

日銀破綻 -持つべきはドルと仮想通貨-


日銀破綻 -持つべきはドルと仮想通貨-
藤巻 健史

予約数: 20
予想待ち時間: 10か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日銀は国会で、異次元緩和という出口なき後始末をどう弁明しているのか。アベノミクスは何が間違いだったのか。同じ間違いを犯さないためにはどういう金融政策が必要か。長年の実務経験を生かして、今後の金融政策を提言する。

「10%消費税」が日本経済を破壊する -今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を-


「10%消費税」が日本経済を破壊する -今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を-
藤井 聡

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年10月に予定されている消費増税が、なぜ日本経済に壊滅的な打撃を与えるのか。その理路を明らかにするとともに、消費増税にかわる他の税制政策、さらには日本が目指すべき社会保障の設計図を提示する。

幸福の増税論 -財政はだれのために-


幸福の増税論 -財政はだれのために-
井手 英策
岩波新書 新赤版

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自己責任社会から、頼りあえる社会へ-。すべての人の命とくらしが保障される温もりある社会を取り戻すため、「増税」の必要性に切り込み、財政改革、社会改革の構想を大胆に提言する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ