さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

近世史(江戸時代)

徳川家に伝わる徳川四百年の裏養生訓


徳川家に伝わる徳川四百年の裏養生訓
徳川 宗英

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴代徳川将軍の健康度は? 「元祖健康オタク」家康から、「オットセイ将軍」家斉、最長寿の「肉食将軍」慶喜の健康法まで。田安徳川家第11代当主が、将軍たちの健康秘話を明かす。『本の窓』連載を改題・改稿して単行本化。

幕末のその日、京で何が起こったのか


幕末のその日、京で何が起こったのか
木村 武仁
京都を愉しむ

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安政の大獄、薩長同盟、大政奉還、油小路の変…。今から150年前、西郷隆盛が、坂本龍馬が、新選組が、京都を舞台に奔走した! 幕末の京都を震撼させ、日本の歴史を変えた10大事件の真相に迫る。

王政復古 -天皇と将軍の明治維新-


王政復古 -天皇と将軍の明治維新-
久住 真也
講談社現代新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
王政復古を、近代天皇を生み出す歴史の流れと捉え、「復古の君主像」「宮中参内という儀礼が生み出す政治の転換」「政治君主としての天皇の登場」の3つを切り口に、近代国家が形成される舞台裏に迫る。

ユネスコ世界記憶遺産と朝鮮通信使


ユネスコ世界記憶遺産と朝鮮通信使
仲尾 宏 町田 一仁

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸期に日本を訪れた朝鮮通信使は、日本と韓国の友好交流の面で特筆される。両国民間団体が中心となって推進した「朝鮮通信使に関する記録」のユネスコ世界記憶遺産登録までの経緯や、ゆかりの地と登録資料などを紹介する。

世界を見た幕臣たち -幕末遣外使節団の軌跡-


世界を見た幕臣たち -幕末遣外使節団の軌跡-
榎本 秋
歴史新書

Amazonでの評価:(3.5/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ペリー来航以降、欧米列強との関係が最大の懸案となるなかで、海を渡った幕府の遣外使節団。その体験と持ち帰った知識は、その後の日本に大きな影響を与えていた。明治維新の原動力となった「もうひとつの幕末史」を紹介する。

大坂 民衆の近世史 -老いと病・生業・下層社会-


大坂 民衆の近世史 -老いと病・生業・下層社会-
塚田 孝
ちくま新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸時代に大坂の庶民に与えられた「褒賞」の記録を読みとくと、「名もなき」人びとのドラマが見えてくる。巨大都市大坂の形成や町の構造、そして当時の人びとの暮らしを解説。また、現在の叙勲や褒章の制度の歴史も辿る。

政府に尋問の筋これあり -西郷隆盛の誤算-


政府に尋問の筋これあり -西郷隆盛の誤算-
鈴木 荘一

Amazonでの評価:(4.7/5.0)
予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大久保、海舟、長州に騙された男の、汚れた明治維新への怒り! 「明治維新は世界で第4番目に生じた市民革命」と語る著者が、史上最大カリスマ・西郷隆盛の実像と虚像を解き明かす。

西郷隆盛の冤罪 明治維新の大誤解


西郷隆盛の冤罪 明治維新の大誤解
古川 愛哲
講談社+α新書

Amazonでの評価:(4.2/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治政府は史実を抹消し、西郷隆盛に全ての罪を着せた! 西郷の首を刎ねたのは桐野利秋だった! 幕末・維新で世の中に秘密にされた大誤解を、膨大な歴史資料から徹底的に検証する。

西郷隆盛はどう語られてきたか


西郷隆盛はどう語られてきたか
原口 泉
新潮文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「維新の三傑」でありながら、西南戦争を引き起こした賊軍の首魁。にもかかわらず、国民の間では圧倒的な人気を誇る西郷隆盛。同時代人の証言から、小説における描かれ方までを総ざらいし、西郷隆盛の本質に迫る。

貧困と自己責任の近世日本史


貧困と自己責任の近世日本史
木下 光生

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
21世紀日本は、なぜ、生活困窮者の公的救済に冷たく、異常なまでに「自己責任」を追及する社会となってしまったのか。奈良田原村に残る近世農村の家計を詳細にしるした「片岡家文書」を精緻に分析し、歴史的に考察する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ