さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

近世史(江戸時代)

勝海舟歴史を動かす交渉力


勝海舟歴史を動かす交渉力
山岡 淳一郎

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
勝海舟が交渉した相手とは、歴史そのものであった-。日本史の大転換点において、「私」ではなく「公」を貫き、時代の大局を見据えて歴史の歯車を動かした男・勝海舟。その辣腕の交渉力を軸に、彼の姿を辿る。

誓願寺文書の研究 -戦国・京都・総本山-


誓願寺文書の研究 -戦国・京都・総本山-

誓願寺文書研究会

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
浄土宗西山深草派の総本山、誓願寺が所蔵する文書全文を翻刻し、関係史料を収集。それに基づいて誓願寺の歴史を考察する。図版「誓願寺境内建物明細并絵図」「当時建物絵図」付き。

墓石が語る江戸時代 -大名・庶民の墓事情-


墓石が語る江戸時代 -大名・庶民の墓事情-
関根 達人
歴史文化ライブラリー

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自らの想いや願いを石に刻むことが流行した江戸時代。当時の墓石からは、いかなる社会が見えてくるのか。歴史災害、大名家の見栄と建前、海運によるヒト・モノ・情報の交流など、墓石を通して垣間見える江戸時代像を提示する。

幕末史かく流れゆく


幕末史かく流れゆく
中村 彰彦

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
開国か、攘夷か? 佐幕か、倒幕か? 天保12年、幕命撤回の失政から、明治10年の西南戦争終結まで、複雑に変転する幕末史の流れをさまざまな史料を駆使して解き明かす。『中日新聞』ほか連載「幕末・明治の残照」を加筆。

名門水野家の復活 -御曹司と婿養子が紡いだ100年-


名門水野家の復活 -御曹司と婿養子が紡いだ100年-

福留 真紀
新潮新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
名門水野家は、当主の乱心によって譜代大名から旗本へと転落する。一心に勤め上げ大名復帰を果たした御曹司忠友と、老中として権勢を誇るまでに家格を上げた忠成。二代にわたる水野家復活の道程を、史料を基に活写する。

勝海舟の罠 -氷川清話の呪縛、西郷会談の真実-


勝海舟の罠 -氷川清話の呪縛、西郷会談の真実-
水野 靖夫

Amazonでの評価:(3.9/5.0)
予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「氷川清話」は勝海舟の自慢話!? “通説”に対する“史料による検証”を目的に、「氷川清話」を分析。「江戸無血開城」を軸に、勝海舟という人物の実像と虚像を究明する。

幕末の海軍 -明治維新への航跡-


幕末の海軍 -明治維新への航跡-
神谷 大介
歴史文化ライブラリー

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ペリー来航から10年。洋式海軍が組織され、将軍家茂は蒸気船で上洛した。西洋の新技術はいかに導入されたのか。蒸気船の普及、海軍教育、軍港の成立から戊辰戦争の展開までをたどり、明治維新のメカニズムに迫る。

語り継がれた西郷どん -発掘!維新スクラップブック-


語り継がれた西郷どん -発掘!維新スクラップブック-

一坂 太郎
朝日新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
古書店で偶然発見した、明治の新聞スクラップブック。その驚きの中身とは-。西郷隆盛を中心に幕末から西南戦争までの薩摩士族や、その伴侶らの証言を発掘し、同時代人の肉声から「西郷とその時代」を浮き彫りにする。

考える江戸の人々 -自立する生き方をさぐる-


考える江戸の人々 -自立する生き方をさぐる-
柴田 純

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の中世社会は、戦や災害などの苦難に対し、神仏に祈り頼るだけだったが、江戸時代には、人自身の力で問題を解決していこうとする考え方が広がっていった。考え、工夫して行動することが積極的に肯定されていく過程を描く。

『新編武蔵風土記稿』を読む


『新編武蔵風土記稿』を読む

重田 正夫 白井 哲哉

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
さまざまな場で幅広く活用されてきた「新編武蔵風土記稿」。この江戸時代後期の地誌の成立や流布の過程、記述内容の読み解き方や挿図の見方などを、各分野の専門研究者が解説する。巻末には挿図の「全目録」を収録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ