さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

近現代史(明治時代~)

A HISTORY OF MODERN JAPAN-IN SEARCH OF A NATION:1850 TO THE PRESENT


A HISTORY OF MODERN JAPAN-IN SEARCH OF A NATION:1850 TO THE PRESENT
クリストファー ハーディング

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代のインドと日本の文化史学者であり、エジンバラ大学のアジア史の講師、ジャーナリストでもある著者が、1850年から現代までの日本の歴史を100点以上の写真、地図とともに考察する。

皇国史観(文春新書 1259)


皇国史観(文春新書 1259)
片山 杜秀
文春新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天皇中心の近代国家を目指した日本のアイデンティティと歴史を理論づけたものとして、「皇国史観」をとらえなおす。幕末の水戸学から平泉澄、柳田国男、網野善彦まで、歴史と天皇をめぐる近代日本の思想史を縦断する。

歴史の教訓-「失敗の本質」と国家戦略(新潮新書 862)


歴史の教訓-「失敗の本質」と国家戦略(新潮新書 862)
兼原 信克
新潮新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政治と軍事が国家最高レベルで統合されていない限り、日本は同じ過ちを繰り返すかもしれない-。「官邸外交」の理論的主柱として知られた元外交官が、近代日本の来歴を独自の視点で振り返り、これからの国家戦略の全貌を示す。

昭和史がわかるブックガイド(文春新書 1262)


昭和史がわかるブックガイド(文春新書 1262)
文春新書
文春新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和の歴史を詳しく知りたい、考えたいというときに読み進めるべき本は何か? 「外交」「満洲」「陸軍の戦い」などのテーマ別に、21人の識者が昭和史を学ぶ上で欠かせない200冊超を紹介するブックガイド。

日清戦争論-日本近代を考える足場(“本の泉社”転換期から学ぶ歴史書シリーズ)


日清戦争論-日本近代を考える足場(“本の泉社”転換期から学ぶ歴史書シリーズ)
原田 敬一
“本の泉社”転換期から学ぶ歴史書シリーズ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史は司馬遼太郎では語れない…。「明治・大正の日本はまともで昭和の日本が道を誤った」とするいわゆる司馬史観。それに反論すべく、近代日本が踏み込んだ日清戦争、それ以来の「50年戦争」として日本近現代史を捉え直す。

近代建築で読み解く日本(祥伝社新書 602)


近代建築で読み解く日本(祥伝社新書 602)
祝田 秀全
祥伝社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近代化のシンボルは鉄道と建築であった。銀座煉瓦街から始まった首都建設、なぜかピラミッドのようなデザインが施された国会議事堂、モダニズム建築、敗戦による帝都崩壊…。建築という視角から日本近代の歩みを追跡する。

日本近現代史に学ぶ日本型リーダーの成功と失敗


日本近現代史に学ぶ日本型リーダーの成功と失敗
佐藤 芳直

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ミッドウェー海戦の南雲忠一と山口多聞、戦後復興の吉田茂と後継者たち、豪雪・多病多死・貧困を克服した村長…。危機に直面した日本のリーダーたちはどう思考し、決断、行動したか。リーダーを目指す人に贈る歴史の教訓。

日本史のなかの「普遍」-比較から考える「明治維新」


日本史のなかの「普遍」-比較から考える「明治維新」
三谷 博

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近世後期から明治維新にかけての日本を素材に、その普遍性と特殊性をとらえ、比較史の観点から考察。維新史研究の最前線を通じて、言語と史料の境界を越え、世界に開かれた日本史の可能性を示す。

近代のはずみ、ひずみ-深田康算と中井正一


近代のはずみ、ひずみ-深田康算と中井正一
長濱 一眞

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和前期に「独裁」が勝利した滝川事件を機に、いずれとも相容れない知識人が現出した-。近代において批評をめぐって思考した深田康算と中井正一を解読しつつ、天皇制、資本主義-国家、市民社会などを批判的に剔抉する。

明治維新と近代日本の新しい見方


明治維新と近代日本の新しい見方
M.ウィリアム・スティール 大野 ロベルト

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近代日本の誕生をめぐる従来の理解に異論を投げかける試み。1853年のペリー来航をきっかけに、近代化の波に呑まれていく日本の人・出来事・空間を新たな視点から見つめ、瓦版や絵、写真などを駆使して描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ