さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

通貨

MMT-現代貨幣理論とは何か(講談社選書メチエ 718)


MMT-現代貨幣理論とは何か(講談社選書メチエ 718)
井上 智洋
講談社選書メチエ

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
21世紀の経済論壇、政治潮流に激震を走らせた現代貨幣理論(MMT)。経済のマクロな仕組みの初歩から、貨幣というものの本質論まで、標準的な経済学の理論もふまえて、MMTを中立的に分析する。

ドル・人民元・リブラ-通貨でわかる世界経済(新潮新書 837)


ドル・人民元・リブラ-通貨でわかる世界経済(新潮新書 837)
中條 誠一
新潮新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
物の取引のツールだった通貨が、逆に経済全体を動かすようになってしまった現在。ドル、ユーロ、人民元、円など実際に流通する通貨や、リブラなど仮想通貨の現状を平易に分析し、お金の側から眺めた世界経済の構造を伝える。

私の金が売れない!


私の金が売れない!
浅井 隆

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今、日本では海外刻印の金(ゴールド)が換金できないという事態が発生している。この「令和の金騒動」について詳しく解説し、国家破産時における金の価値、金の正しい買い方・売り方などを紹介する。

日本貨幣カタログ 2020


日本貨幣カタログ 2020
日本貨幣商協同組合

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近代貨幣、現行貨幣、記念貨幣、軍用貨幣、古金銀、幕府・政府及府県札類、近代紙幣など、あらゆる日本の貨幣を図と解説で紹介。貨幣収集の愛好家が健全・手軽に収集し、系統だって整理出来るよう編集。記念コイン等一覧付き。

現代の国際通貨制度 改訂版


現代の国際通貨制度 改訂版
松浦 一悦

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
金融市場における不確実性が強まる今日、金融リテラシーを身につけることが必要とされている。歴史的、段階的な視点で市場経済を考察することにより、現代の国際通貨制度の問題を明らかにし、その対処法を探る。

ドル化とは何か-日本で米ドルが使われる日(ちくま新書 1443)


ドル化とは何か-日本で米ドルが使われる日(ちくま新書 1443)
土田 陽介
ちくま新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ドル化とは、日々の経済活動において、国内通貨のみならず米ドルなど信用力が高い外国通貨が使われる経済現象。戦後世界各国で生じた通貨危機の特徴をドル化という視点で検討し、そのうえで日本経済の現状を分析する。

MMT現代貨幣理論入門


MMT現代貨幣理論入門
L.ランダル・レイ 島倉 原 鈴木 正徳

予約数: 7
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
MMT(現代貨幣理論)研究の第一人者による「バイブル」。マクロ会計の基礎から主権通貨のための現代貨幣理論までを専門用語を使わず解説する。MMTをいち早く日本に紹介した中野剛志と“反緊縮の旗手”松尾匡の解説付き。

紙幣の日本史


紙幣の日本史
加来 耕三

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長く愛され続けた肖像たちの真相、激動の時代の肖像たちの逸話、お馴染みとなった肖像たちの裏話、令和を彩る肖像たちの真実…。お札の肖像が採用された時代背景を見つめ、意外な歴史エピソードを探る。

臨界点を超える世界経済-通貨と金をめぐる4大危機に備えよ


臨界点を超える世界経済-通貨と金をめぐる4大危機に備えよ
吉田 繁治

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
異次元緩和から、中央銀行の設立と米ドル基軸通貨体制の成立、金・ドル交換停止、変動相場制、中国の新人民元創設までを、国民にとっての通貨の価値(購買力)の視点から解説。預金や株式の金融資産を守る手段も紹介する。

日本史に学ぶマネーの論理


日本史に学ぶマネーの論理
飯田 泰之

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「貨幣としての機能」を担ってきた、または担いうる様々な商品、債券、契約の背後にある論理は何か。貨幣の歴史を題材として、現代の貨幣、さらには未来の貨幣を考える論理を抽出し、経済学的な知見を導き検証する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ