さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

量子力学

2つの粒子で世界がわかる-量子力学から見た物質と力(ブルーバックス B-2096)


2つの粒子で世界がわかる-量子力学から見た物質と力(ブルーバックス B-2096)
森 弘之
ブルーバックス

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
量子力学の世界では、粒子はたったの2種類!? 「ボーズ粒子」と「フェルミ粒子」について説明するとともに、それらの研究の発展に寄与した過去の偉大な物理学者たちの足跡も紹介する。現代物理学のエッセンスがわかる本。

現代物理学における決定論と非決定論 -因果問題についての歴史的・体系的研究-


現代物理学における決定論と非決定論 -因果問題についての歴史的・体系的研究-
エルンスト・カッシーラー 山本 義隆

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
量子力学の世界では因果律が成り立たないのか? 量子力学の成立によって招来された「因果性の危機」をめぐる問題を一つ一つ点検・解明し、量子力学的世界の哲学的基礎付けを試みる。原書初版に基づき書き改めた改訳新版。

量子宇宙 -ホーキングから最新理論まで-


量子宇宙 -ホーキングから最新理論まで-
日経サイエンス編集部 村山 斉 大栗 博司 S.W.ホーキング L.ムロディナウ J.マルダセナ 中島 林彦 高柳 匡 C.モスコウィッツ G.マッサー D.トン 野村 泰紀 小松 英一郎 A.アイジャス P.J.スタインハート A.ローブ SCIENTIFIC AMERICAN編集部 R.D.アンダーセン
別冊日経サイエンス

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一般相対性理論と量子力学を融合し、宇宙の有り様を説明する唯一の理論の必要性を唱えたホーキング博士。博士が拓いた量子宇宙の世界から、インフレーション理論の現在と検証までを解説。『日経サイエンス』掲載記事を再編集。

なっとくする量子力学


なっとくする量子力学
都筑 卓司
なっとくシリーズ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代物理の基本中の基本であるが、根本を理解することは一筋縄ではいかない量子力学を、できるだけ数式を省き、式の意味の丁寧な説明や例をメインに解説する。

実在とは何か -マヨラナの失踪-


実在とは何か -マヨラナの失踪-
ジョルジョ・アガンベン 上村 忠男 エットレ・マヨラナ ジェロラモ・カルダーノ
講談社選書メチエ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1938年、イタリアの若き理論物理学者が忽然と姿を消した事件を、思想界の重鎮アガンベンが追求。物理学と社会科学のあいだで「確率」という問題に逢着し、「実在」とは何かを示すための方法を突きとめる。

量子力学が描く希望の世界


量子力学が描く希望の世界
佐藤 文隆

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
物理学の最先端にあらわれた驚異の理論。量子力学が描く世界とはいったい何か。量子力学の歴史と私たちをとりまく技術、社会、制度、教育等を深く結びつけながら、その大いなる可能性をさぐる。『現代思想』連載を元に書籍化。

量子ウォーク -基礎と数理-


量子ウォーク -基礎と数理-
町田 拓也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
量子コンピュータの基礎理論の1つである量子ウォーク。数学ではランダムウォークの量子版、量子物理学ではディラック方程式の時空間離散版である数理モデルを、フーリエ解析を駆使して解き明かす。

初級講座ループ量子重力


初級講座ループ量子重力
R.ガムビーニ J.プリン 樺沢 宇紀

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一般相対性理論などの最低限の知識を説明した上で、Ashtekar変数を用いた古典重力理論の正準形式を導入し、ループ表現に基づく背景独立な重力の量子化の基本概念を解説。ループ量子宇宙論なども取り上げる。

エキゾティックな量子 -不可思議だけど意外に近しい量子のお話-


エキゾティックな量子 -不可思議だけど意外に近しい量子のお話-
全 卓樹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
粒子は波である。確定は確率的不定である。不可知は完全な知である-。量子力学の考え方の基本と、量子生物学や宇宙論・情報理論などのテーマを、物理と哲学と文学を絶妙にからめたユニークな文体でつづる。

言ってはいけない宇宙論 -物理学7大タブー-


言ってはいけない宇宙論 -物理学7大タブー-
小谷 太郎
幻冬舎新書

Amazonでの評価:(3.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現在の宇宙の95%は謎の成分で占められている。私たちの宇宙の理解に欠陥はないのか? 元NASA研究員の著者が、「陽子崩壊説」「ダーク・マターとダーク・エネルギー」など、物理学の7大論争をやさしく解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ