さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

門井慶喜

東京帝大叡古教授(小学館文庫 か44-1)


東京帝大叡古教授(小学館文庫 か44-1)
門井 慶喜
小学館文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
時代は明治。最高学府で連続殺人が発生し、教授たちが殺された。謎を解くのは天才哲学者「ウンベルト・エーコ」ならぬ天才政治学者「ウノベ・エーコ」。他を圧する「知の巨人」が開示していく事件の真相はまさに予測不能!

日本の夢の洋館


日本の夢の洋館
門井 慶喜 枦木 功

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現存する大阪最古の洋風建築・泉布観、和と洋をつなぐ迎賓館・長楽館、多様な様式が混在する華族住宅・旧細川護立邸…。作家・門井慶喜が、日本各地に散らばる30の洋館を、美しい撮り下ろし写真と図面とともに紹介する。

キッドナッパーズ


キッドナッパーズ
門井 慶喜
文春文庫

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
失業中の28歳青年の冴えない日常に押し入ってきた強盗。「大声をだすな」というその声はやけに甲高く、背が低くて…。表題作をはじめ、全7編のミステリーを収録する。『小説すばる』ほか掲載を文庫化。

家康、江戸を建てる


家康、江戸を建てる
門井 慶喜
祥伝社文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
豊臣秀吉が徳川家康に要求した国替えの真意は、低湿地の土地と豊饒な所領の交換であった。家臣団が激怒する中、なぜか家康は要求を受け入れ…。ピンチをチャンスに変えた天下人の挑戦を描く。

徳川家康の江戸プロジェクト


徳川家康の江戸プロジェクト
門井 慶喜
祥伝社新書

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
徳川家康はなぜ、関東の寒村にすぎなかった江戸に幕府を開き、巨大都市を造営したのか。自身の家康観や江戸観を明かしながら、家康の壮大な「江戸プロジェクト」を掘り下げる。また、江戸から東京へと変貌する首都の姿も追う。

京都迷宮小路 -傑作ミステリーアンソロジー-


京都迷宮小路 -傑作ミステリーアンソロジー-
浅田 次郎 綾辻 行人 有栖川 有栖 岡崎 琢磨 門井 慶喜 北森 鴻 連城 三紀彦 関根 亨
朝日文庫

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
夜深まる嵐の祇園。年の暮れの八坂神社への道行き。粛々とした夏の嵯峨野。古都の名所、風情、グルメを盛り込んで、ときに都の歴史、文化の謎にも迫り…。7人の名手があやしき京小路へと誘うミステリーアンソロジー。

蘇える鬼平犯科帳 -池波正太郎と七人の作家-


蘇える鬼平犯科帳 -池波正太郎と七人の作家-
池波 正太郎 逢坂 剛 上田 秀人 梶 よう子 風野 真知雄 門井 慶喜 土橋 章宏 諸田 玲子
文春文庫

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「鬼平」誕生から50年。逢坂剛、諸田玲子、土橋章宏、上田秀人、門井慶喜、風野真知雄、梶よう子が、新たに「鬼平」に命を吹き込んだ短編集。池波正太郎が自ら選んだ傑作短編も収録。

新選組の料理人


新選組の料理人
門井 慶喜

予約数: 22
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
京の大火で長屋を焼かれ、妻子ともはぐれた浪人・鉢四郎は、ふとしたきっかけで、まかない専門として新選組に入隊することになり…。新選組の知られざる内証を活き活きと描く。『小説宝石』掲載を単行本化。

新選組颯爽録


新選組颯爽録
門井 慶喜
光文社文庫 光文社時代小説文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
剣ではなく人を自在に操った土方歳三。生真面目な能吏、尾形俊太郎。若き天才剣士、沖田総司。若き隊士たちを、時に爽やかに、時に怜悧に、そして時に凄惨に描く。単行本未収録短編「戦いを避ける」を追加。

にっぽんの履歴書


にっぽんの履歴書
門井 慶喜

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
司馬遼太郎は「艦これ」ブームを予言した? 人口減少で「邪悪な正義」も減る? 博覧強記の作家が「平成後の日本」を考える50篇の歴史エッセイ。20年をこえる歴史と思索の旅のエッセンスが結実した一冊。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ