さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

闘病記・手記

旦那(アキラ)さんはアスペルガー-しあわせのさがし方


旦那(アキラ)さんはアスペルガー-しあわせのさがし方
野波 ツナ 宮尾 益知

予約数: 48
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
違っていても、みんなよい。違っているから、みんなよい…。アスペルガー症候群の男性と結婚したマンガ家が、考えたことや理解したこと、家族の近況、そしてある答えにたどりつくまでを描きます。著者と監修者との対談も収録。

あるがまんま。そのまんま。-副腎皮質ホルモンによる副作用に苦しむすべての皆さまへ あきらめたこと。あきらめなかったこと。


あるがまんま。そのまんま。-副腎皮質ホルモンによる副作用に苦しむすべての皆さまへ あきらめたこと。あきらめなかったこと。
前田 弘子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
治療のために飲む薬によって身体が壊れていく。それでも歩く、歩きつづける-。ループス腎炎、全身性エリテマトーデスと診断された著者が、発症から、薬の副作用の苦しみ、13回の手術、それらを乗り越えた現在までを綴る。

急に具合が悪くなる


急に具合が悪くなる
宮野 真生子 磯野 真穂

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
がんの転移を経験しながら生き抜く哲学者と、臨床現場の調査を積み重ねた人類学者が、死と生、別れと出会い、そして出会いを新たな始まりに変えることを巡り、人生を賭けて交わした20通の往復書簡。

介護のうしろから「がん」が来た!


介護のうしろから「がん」が来た!
篠田 節子

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
認知症の母を介護し二十余年。母が施設へ入所し、一息つけると思いきや、今度は自分が乳がんに…。ユーモア溢れる筆致で綴る、闘病&介護エッセイ。乳房再建医との対談も収録。集英社のサイト『よみタイ』掲載を加筆し書籍化。

#発達系女子の明るい人生計画


#発達系女子の明るい人生計画
宇樹 義子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
発達障害と複雑性PTSDの当事者が、生きづらかった半生を振り返りながら、自分を癒し、未来を切り開くための指針を考える。つらい環境脱出のための行動フローチャート、支援機関・制度リスト付き。

子育てとばして介護かよ


子育てとばして介護かよ
島影 真奈美

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仕事はやめない、同居もしない。今の暮らしを変えずに親の介護は可能? 笑いあり、冷や汗かきまくり! パニックに陥りがちな最初の数ケ月をのりきるヒントが満載の介護エッセイ。note『別居嫁介護日誌』他に加筆・修正。

親の介護をしないとダメですか?


親の介護をしないとダメですか?
吉田 潮

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
父が要介護となった時から、母娘の介護戦記は始まった-。人気コラムニストが、父が老いていく姿や介護が家族にもらたす疲弊を綴ると共に、介護について見つけたひとつの答えを記す。『日刊ゲンダイ』連載に加筆して単行本化。

緩和ケア医が、がんになって


緩和ケア医が、がんになって
大橋 洋平

予約数: 24
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
がん患者になって初めて気づいたのは、患者のリアルな苦しみだ-。医師生活30周年の2018年、稀少がん「消化管間質腫瘍」が発見され手術し、抗がん剤治療を続けながら仕事を続ける著者が、自身の経験を綴る。

この顔と生きるということ


この顔と生きるということ
岩井 建樹

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
外見の悩みとどう向き合う? 外見に疾患のある子を持つジャーナリストの著者が、見た目の悩みを持つ人々に会って話を聞き、どんな困難に直面し、そしてその現実にどのように対処しているのかを伝える。

THE30才男白血病!


THE30才男白血病!
今象 久傘

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
実際なんとなく感じていた。自分の体が、絶対おかしいということを-。30才で急性骨髄性白血病と診断された日から、入院治療を受け、退院するまでの日々を綴る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ