さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

陸軍-日本

陸軍特別攻撃隊 3(文春学藝ライブラリー 歴史 33)


陸軍特別攻撃隊 3(文春学藝ライブラリー 歴史 33)
高木 俊朗
文春学藝ライブラリー 歴史

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和20年、連合軍がルソン島に上陸開始。司令官冨永中将や参謀らは、いち早く台湾へ逃亡。取り残された兵士らを待つのは、飢餓と熱病の地獄…。将官や兵士の戦後の姿まで描き、陸軍特攻の真実を伝える記念碑的作品、完結篇。

日本陸軍の基礎知識 昭和の戦場編


日本陸軍の基礎知識 昭和の戦場編
藤田 昌雄

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
将兵たちの戦場生活の実態を、写真、イラスト、データとともに紹介。急行軍、露営、食べた物、寝た場所、装備した兵器などがひと目でわかる。『丸』連載を改題、加筆訂正し書籍化。

なぜ日本陸海軍は共に戦えなかったのか-確執の根源に迫る(光人社NF文庫 ふ1113)


なぜ日本陸海軍は共に戦えなかったのか-確執の根源に迫る(光人社NF文庫 ふ1113)
藤井 非三四
光人社NF文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平時には予算の分捕り合戦を演じ、戦時には手柄の取りあい、責任のなすりあいに終始した日本陸海軍。彼らはなぜ対立し、対抗意識ばかりが強調されていったのか。日本の軍隊の成り立ちを、エピソードを交えて解き明かす。

永田鉄山と昭和陸軍(祥伝社新書 575)


永田鉄山と昭和陸軍(祥伝社新書 575)
岩井 秀一郎
祥伝社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永田鉄山はなぜ殺されたのか。永田が目指していたものは何か。生きていれば、日本は戦争への道を歩まずにすんだのか-。これらの命題に、永田の人物と構想を繙きながら、斬殺した相沢三郎陸軍中佐や皇道派にも触れつつ迫る。

兵隊たちの陸軍史(新潮選書)


兵隊たちの陸軍史(新潮選書)
伊藤 桂一
新潮選書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の兵隊は入営から除隊まで、どんな日々を送ったのか。大東亜戦争下での戦闘行動の実態、兵隊たちの意識とは。中国大陸で従軍した著者が、豊富な資料を交え、「戦争と兵隊」の実像を描く。生身の兵隊たちの姿を伝える名著。

生かされなかった八甲田山の悲劇


生かされなかった八甲田山の悲劇
伊藤 薫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

なぜ必敗の戦争を始めたのか -陸軍エリート将校反省会議-


なぜ必敗の戦争を始めたのか -陸軍エリート将校反省会議-
半藤 一利
文春新書

予約数: 34
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

陸軍特別攻撃隊 2


陸軍特別攻撃隊 2
高木 俊朗
文春学藝ライブラリー 歴史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和19年11月、新たな特攻隊が次々と投入された。大本営は実態とかけ離れた戦果を発表し、国民を欺く。“処刑飛行”を強いられた“生きた軍神”、重爆特攻の悲劇、動揺する四航軍司令官…陸軍特別攻撃隊の真実の姿を描く。

それでも東條英機は太平洋戦争を選んだ -昭和天皇が信頼した男の正体-


それでも東條英機は太平洋戦争を選んだ -昭和天皇が信頼した男の正体-
鈴木 荘一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東條は憲兵を駆使し、人事権を弄し、自分に反対する者を戦死必至の激戦場へ送るなど、多くの反対を押し切って支那事変と太平洋戦争を推進。日本は敗戦へ至った…。東條英機の正体を論じる。

陸軍特別攻撃隊 1


陸軍特別攻撃隊 1
高木 俊朗
文春学藝ライブラリー 歴史

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ現場の反対を押し切って、体当たり攻撃が決定されたのか。“死の触角”を持つ特攻機の実態は。最初の特攻隊員らの行動と苦悩とは…。陸軍特別攻撃隊の真実の姿を、当事者への膨大な取材と、手紙・日記等を通して描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ