さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

集英社文庫

女は後半からがおもしろい(集英社文庫 は42-1)


女は後半からがおもしろい(集英社文庫 は42-1)
坂東 眞理子 上野 千鶴子
集英社文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仕事、恋愛、結婚、子育て、老後…。「女性の品格」の坂東眞理子と、「おひとりさまの老後」の上野千鶴子が、人生を振り返りながら“女の一生”をとことん語り合う。3・11後の日本を考えるボーナス対談も収録。

意識のリボン(集英社文庫 わ17-1)


意識のリボン(集英社文庫 わ17-1)
綿矢 りさ
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
母を亡くした20代半ばの真彩は交通事故に遭ってしまう、激痛の中、目を開けると自分の身体を見下ろしていて!? 娘、妻、母-。様々な女性の人生に寄り添うように心の動きを描き切る短編集。全8編を収録。

四季を詠む-365日の体感(集英社文庫 さ39-5)


四季を詠む-365日の体感(集英社文庫 さ39-5)
三宮 麻由子
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
紅梅の甘さをたっぷり含んだ香りの「春」、高校1年のアメリカ留学前夜の「夏」…。4歳で視力を失った著者の瑞々しい表現力と感性が光る。音、匂い、手触り、味の四感で、四季を味わうエッセイ集。

今日もうまい酒を飲んだ-とあるバーマンの泡盛修業(集英社文庫 ひ43-1)


今日もうまい酒を飲んだ-とあるバーマンの泡盛修業(集英社文庫 ひ43-1)
広小路 尚祈
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
バーマン阿部のもとに、常連客から難題が舞い込んだ。沖縄出身の祖父の長寿のお祝い「カジマヤー」に贈る泡盛を探しているという。阿部はさっそく沖縄の酒造所へ飛ぶが…。泡盛が好きになるルポルタージュ小説。

アンカー(集英社文庫 こ28-16)


アンカー(集英社文庫 こ28-16)
今野 敏
集英社文庫

予約数: 7
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
報道番組の記者・布施は、10年前の未解決事件に関心を寄せる。警視庁特命捜査対策室の刑事・黒田は、この件の継続捜査を担当することに。事件の意外な真相とは? 異色コンビが活躍する「スクープ」シリーズ第4弾。

浮雲心霊奇譚 [4](集英社文庫 か68-5) 白蛇の理


浮雲心霊奇譚 [4](集英社文庫 か68-5) 白蛇の理
神永 学
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
神楽坂の武家屋敷に招かれた、赤い瞳の憑きもの落とし浮雲と八十八。山伏、巫女、傀儡師ら、霊媒師が集められ、嫡男・浩太朗の除霊を依頼される。しかし、一同の目の前で浩太朗が殺され…。全3編を収録。

絆-走れ奇跡の子馬(集英社文庫 し32-5)


絆-走れ奇跡の子馬(集英社文庫 し32-5)
島田 明宏
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
拓馬の家は福島県南相馬の競走馬生産牧場。東日本大震災の津波で牧場は壊滅。拓馬に唯一残された子馬は「リヤンドノール(北の絆)」と名付けられる。日本ダービーで拓馬の、福島の思いを背負うリヤンは奇跡を起こすのか。

私の彼氏は吸血鬼(集英社文庫 あ6-68)


私の彼氏は吸血鬼(集英社文庫 あ6-68)
赤川 次郎
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
彼氏に振られ傷心の女子高生、岡野栄江の周辺で血なまぐさい事件が起こり始める。正統派吸血鬼クロロックと娘のエリカは事件の解明に乗り出すが、怪しげな落書きを<クロロック商会>のトイレの鏡に見つけて…。全3編を収録。

第三の時効(集英社文庫 よ20-1)


第三の時効(集英社文庫 よ20-1)
横山 秀夫
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

和三郎江戸修行 開眼(集英社文庫 た16-10 歴史時代)


和三郎江戸修行 開眼(集英社文庫 た16-10 歴史時代)

高橋 三千綱
集英社文庫 歴史時代

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
浜松城下で坂本竜馬と別れ、岡和三郎は幕末の東海道を一路、江戸に向かっていた。宇津谷峠の雨宿りで横井小楠と出くわし、酒を呑んではからみ半分の御高説をうかがいながらの道中となってしまい…。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ