さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

難民

ペンとミシンとヴァイオリン-アフガン難民の抵抗と民主化への道


ペンとミシンとヴァイオリン-アフガン難民の抵抗と民主化への道
清末 愛砂

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ペン(識字教育)とミシン(職業訓練)とヴァイオリン(芸術教育)の力で闘う、アフガニスタン初のフェミニスト団体「RAWA」。その活動を象徴するヘワド高校など、エンパワメントの記録を日本の憲法研究者が綴る。

エクソダス-アメリカ国境の狂気と祈り


エクソダス-アメリカ国境の狂気と祈り
村山 祐介

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
そこでは子どもが、妊婦が、故国を追われた人々が、息絶えていく。彼らはなぜ、命懸けで「壁」を目指すのか。米・メキシコ国境に向かう移民の命懸けの旅と、その源流を追う。『朝日新聞』『GLOBE+』掲載を加筆し書籍化。

マララが見た世界-わたしが出会った難民の少女たち


マララが見た世界-わたしが出会った難民の少女たち
マララ・ユスフザイ 西田 佳子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
この平和を当たり前だと受け止めている人がたくさんいると思うたび、不思議でたまらない気持ちになる-。“難民”または“国内避難民”と呼ばれる人々の経験を、ノーベル平和賞受賞者として知られるマララ・ユスフザイが紹介。

人間の土地へ


人間の土地へ
小松 由佳

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界第2位の高峰K2に日本人女性として初めて登頂した著者は、ラクダと共に生きるシリアの青年と出会う。2人を待ち受けていたのは、今世紀最悪の人道危機、内戦の勃発だった-。シリア内戦を内側から描くノンフィクション。

ルポ外国人ぎらい-EU・ポピュリズムの現場から見えた日本の未来(PHP新書 1225)


ルポ外国人ぎらい-EU・ポピュリズムの現場から見えた日本の未来(PHP新書 1225)
宮下 洋一
PHP新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近年、EUで移民排斥運動が激化している。自由と人権を掲げてきた欧州で今何が起きているのか。欧州在住のジャーナリストが、取材を基にEU各国の実態を明らかにし、日本の未来を考える。『Voice』連載を加筆修正。

聞き書緒方貞子回顧録(岩波現代文庫 社会 319)


聞き書緒方貞子回顧録(岩波現代文庫 社会 319)
緒方 貞子 野林 健 納家 政嗣
岩波現代文庫 社会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1990年代に国連難民高等弁務官として人道支援を指揮した緒方貞子。その経験から「人間の安全保障」を提起し、日本の開発援助を主導する-。戦後日本を代表する国際派知識人の生い立ちから現在までを聞き取りによって辿る。

故郷の味は海をこえて-「難民」として日本に生きる(ポプラ社ノンフィクション 37 平和)


故郷の味は海をこえて-「難民」として日本に生きる(ポプラ社ノンフィクション 37 平和)
安田 菜津紀
ポプラ社ノンフィクション 平和

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
彼らはなぜ、国を離れなくてはならなかったのか。日本に暮らす難民が、故郷の料理をふるまいながら語ってくれたことを紹介。彼らのたどってきた道のりをひもとく。Q&Aも収録。ウェブサイト『論座』連載を加筆し書籍化。

となりの難民-日本が認めない99%の人たちのSOS


となりの難民-日本が認めない99%の人たちのSOS
織田 朝日

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自国で起きた戦争や迫害、差別からのがれるため、他国へ避難する「難民」たち。彼らはどんな思いで日本へ来て、どんな境遇で、どんな生活をしているのか。外国人支援団体の主宰者が日本にいる難民の姿を紹介する。

移民難民-世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019


移民難民-世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019
川口マーン惠美

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
難民・移民は、今後、重要なキーワードになり、日本にメリットとデメリットをもたらす-。2012年ごろからのEUの難民の動向を振り返り、EU各国の対応の違い、そこから起こったEU内の対立を記し警鐘を鳴らす。

映画でみる移民/難民/レイシズム


映画でみる移民/難民/レイシズム
中村 一成

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界に何度絶望しても、映画は「もうひとつの世界」を夢見ることをやめない-。移民、難民、レイシズムなどを描いた映画の評論集。月刊『ヒューマンライツ』連載に書き下ろしを加える。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ