さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

音楽家

大ピアニストは語る


大ピアニストは語る
原田 光子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
パハマンからカサドゥジュにいたる、大ピアニスト20人の演奏の奥義をまとめた名著の復刊。萩谷由喜子による新たな解説と、詳細なCDディスコグラフィーも掲載する。

音大生のための“働き方”のエチュード


音大生のための“働き方”のエチュード
藤井 裕樹

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「音大出身=演奏家一本で食べていく」と決めつけないことが、これからの音楽家の生き方の主流になる! 演奏以外のスキルを身につける、音楽家の多面的な働き方を紹介する。

ベートーヴェンとピアノ-限りなき創造の高みへ


ベートーヴェンとピアノ-限りなき創造の高みへ
小山 実稚恵 平野 昭

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「傑作の森」から最晩年までのベートーヴェンのピアノ関連曲を網羅し、ピアニストとベートーヴェン研究者の視点から、作曲年代順に1曲ずつ検証する。『音楽の友』連載をベースに加筆、再構成して単行本化。

人生をより美しく-シーモアさんとの対話-音楽、友情、家族、そして創造


人生をより美しく-シーモアさんとの対話-音楽、友情、家族、そして創造
シーモア・バーンスタイン アンドリュー・ハーヴェイ 小野山 弘子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ドキュメンタリー映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」の主人公となった“NYで最も人気のあるピアノ教師”シーモア・バーンスタインと、詩人で精神学教授のアンドリュー・ハーヴェイとの対談集。

ベートーヴェン-生誕250年(KAWADEムック)


ベートーヴェン-生誕250年(KAWADEムック)
KAWADEムック

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本にベートーヴェンの音楽が入ってきてから百数十年。日本人にとって彼の音楽とは何なのか。片山杜秀のインタヴューをはじめ、小林研一郎、篠崎史紀らのエッセイ、武満徹×吉田秀和の対談、評論、鑑賞&CDガイド等を収録。

雲の流れに-古関裕而物語


雲の流れに-古関裕而物語
新井 恵美子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
苦しい時代も晴れやかな時も、古関裕而は音楽を通して人々を慰め、はげましてくれた-。日本中の働く人々を応援した曲や、元気の出る行進曲など、多くの曲を生み出した古関裕而の愛あふれる生涯を描く。

ベートーヴェン(河出文庫 よ11-10)


ベートーヴェン(河出文庫 よ11-10)
吉田 秀和
河出文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
これはベートーヴェンの音ではない、とルドルフ・ゼルキンが自らの音を嘆いた、その意味する音とはどんなものだったのだろうか。ソロモン、ヨーヨー・マ、トスカニーニら新旧の演奏家・指揮者の演奏から解き明かす。

真実なる女性クララ・シューマン


真実なる女性クララ・シューマン
原田 光子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年に生誕200年を迎えたクララ・シューマン。天才少女として楽界にあらわれ、ロマン派の時代を織りなした彼女の生涯を、書簡や日記、家族の回想記をもとに綴る。作品リスト、人名索引も収録。

ベートーヴェン革新の舞台裏-創作現場へのタイムトラベル


ベートーヴェン革新の舞台裏-創作現場へのタイムトラベル
平野 昭

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ベートーヴェンを楽しむためのガイド。創作の動機や目的など、作品成立の舞台裏を、最新のベートーヴェン研究の成果を踏まえてやさしい読み物として紹介する。『音楽の友』連載を改題し加筆・変更・再構成。

古関裕而・金子その言葉と人生


古関裕而・金子その言葉と人生
菊地 秀一 古関 正裕

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
音楽が結んだ恋、暗い世相を和ませた数々のメロディ…。「紺碧の空」「六甲おろし」「モスラの歌」「オリンピック・マーチ」など、幅広いジャンルを作曲した古関裕而。その言葉を紹介しながら、長男が父と母の面影を語る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ