さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

食生活-歴史

<メイド・イン・ジャパン>の食文化史-What is MADE IN JAPAN?


<メイド・イン・ジャパン>の食文化史-What is MADE IN JAPAN?
畑中 三応子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
舶来モノに目がなかった日本人が「国産」を重視する時代。一体何が起きているのか? 地産地消ブームから貿易政策まで、メイド・イン・ジャパンの食の本当のところを徹底検証。『ウェブ春秋 はるとあき』連載に加筆し書籍化。

日本のお弁当文化-知恵と美意識の小宇宙


日本のお弁当文化-知恵と美意識の小宇宙
権代 美重子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
百姓や雑兵の携行食、観劇のお供の幕の内、各地の名産の詰まった駅弁、松花堂や禅林の心得、現代のキャラ弁…。庶民のエネルギー源であり美意識の表現でもあったお弁当の歴史を、器や食の作法の伝統に注目しながら語り下ろす。

食の歴史-人類はこれまで何を食べてきたのか


食の歴史-人類はこれまで何を食べてきたのか
ジャック・アタリ 林 昌宏

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
食の歴史と未来を知れば、政治、社会、テクノロジー、地政学、イデオロギー、文化、快楽等も一挙にわかる-。ヨーロッパを代表する知識人、ジャック・アタリが、人間の食のあり方に関する過去と未来を論じる。

国民食の履歴書-カレー、マヨネーズ、ソース、餃子、肉じゃが


国民食の履歴書-カレー、マヨネーズ、ソース、餃子、肉じゃが
魚柄 仁之助

予約数: 14
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文明開化期からの家庭雑誌・料理雑誌を渉猟して、レシピどおりに調理し、経験豊かな舌で味を吟味。その結果から通説の輸入史・生育史に疑問やダメ出しを投げかけて、意外な経歴を明らかにする食文化論。

戦国、まずい飯!(インターナショナル新書 048)


戦国、まずい飯!(インターナショナル新書 048)
黒澤 はゆま
インターナショナル新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生米を水に浸すよう指示した徳川家康、醬油が欲しいと言って叱られた井伊直政、逃避行中に雑草を食べた真田信之…。さまざまな文献を渉猟し、戦国の食にまつわる面白エピソードを紹介。文献に登場する料理も再現し実食する。

歴史ごはん-信長、秀吉、家康たちが食べた料理 つくって、味わい、歴史を知ろう


歴史ごはん-信長、秀吉、家康たちが食べた料理 つくって、味わい、歴史を知ろう
永山 久夫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦国時代の「汁講」、江戸時代の「かてめし」など、縄文時代から大正時代までの、歴史人物たちが食べたかもしれない料理を、身近な素材でアレンジして紹介。歴史背景や食文化についても、写真やイラストとともに解説する。

食べ物の民俗考古学-木の実と調理道具


食べ物の民俗考古学-木の実と調理道具
名久井 文明

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
木の実の乾燥・備蓄、それを割った石器…。縄紋時代以降の人々は食べ物をどのように処理し、利用したか。出土遺物が形成された背景を、各地に残る民俗事例を参照して追究する。「生活道具の民俗考古学」の姉妹編。

美味しい進化-食べ物と人類はどう進化してきたか


美味しい進化-食べ物と人類はどう進化してきたか
ジョナサン・シルバータウン 熊井 ひろ美

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ヒト族はいつ料理を始めたのか? 穀物栽培はヒト遺伝子をどう変えたか? 食が人類を変え、人類が食を変えた壮大な物語。料理の起源から未来の食べ物まで、美味しさにひそむ進化のドラマを著名な進化生態学者が明かす。

江戸落語で知る四季のご馳走(平凡社新書 926)


江戸落語で知る四季のご馳走(平凡社新書 926)
稲田 和浩
平凡社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「かつぎ屋」の雑煮、「初天神」の団子、「髪結新三」の鰹、「目黒の秋刀魚」の秋刀魚、「らくだ」の河豚…。落語のあらすじをベースに、江戸っ子たちが好んだ四季のご馳走を、さまざまなうんちくを織り交ぜながら紹介する。

食と人の歴史大全-火の発見から現在の料理まで


食と人の歴史大全-火の発見から現在の料理まで
リンダ・チヴィテッロ 栗山 節子 片柳 佐智子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
火の発見は料理の歴史にどんな影響を与えたか? 昔の人々は何を、どのように食べていたか? 交易や戦争、民族移動は食卓に何をもたらしたのか? 食と人の歴史的側面をたどり、食文化の変遷を概観する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ