さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

SB新書

棄民世代-政府に見捨てられた氷河期世代が日本を滅ぼす(SB新書 509)


棄民世代-政府に見捨てられた氷河期世代が日本を滅ぼす(SB新書 509)
藤田 孝典
SB新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
雇用政策において翻弄されてきただけではなく、自己責任という言葉のもとに、あらゆる社会政策から放置されて今に至る就職氷河期世代。彼らが高齢者になったときには、一体何が起きるのか。社会福祉の現場から考察する。

定年後からの孤独入門(SB新書 505)


定年後からの孤独入門(SB新書 505)
河合 薫
SB新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
定年前後の本当の不安は、お金・健康より「孤独」! 現役時のカイシャ生活にこそ、「孤独化」の芽があった! 「定年」を境に居場所を失い孤独に陥りやすい人の特徴を分析し、そうならないための対処法を紹介する。

なんのために学ぶのか(SB新書 504)


なんのために学ぶのか(SB新書 504)
池上 彰
SB新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
社会に出てからでもいい。学びの楽しさを知っておけば、その後は一生学び続けることができる。池上彰が、「学びの喜び」と「学びの意義」を語る。2019年5月にノートルダム清心女子大学で行われた講演をもとに加筆・編集。

2020年からの新しい学力(SB新書 487)


2020年からの新しい学力(SB新書 487)
石川 一郎
SB新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2020年の教育改革で、新しい時代に必要な学力は身につくのか? 教育現場の実情を踏まえて、子どもの学力の伸ばし方、いまの子どもたちに身につけてほしいことなどを論じる。

異端のすすめ-強みを武器にする生き方(SB新書 501)


異端のすすめ-強みを武器にする生き方(SB新書 501)
橋下 徹
SB新書

予約数: 23
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
個人としての生き方が問われる中、いかにして「自分にしかない強み」を武器にし、突き抜けた人になるかが、人生を大きく左右する。橋下徹が、他人に振り回されず思い通りの人生を生きる50の教えを伝える。

新しい日本人論-その「強み」と「弱み」(SB新書 502)


新しい日本人論-その「強み」と「弱み」(SB新書 502)
加瀬 英明 ケント・ギルバート 石 平
SB新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国家間の距離が縮まっている今、日本人がいかに日本人としてのアイデンティティを形成していくかが、重要になってくる。文化に根差したアイデンティティとは何かを、比較文化論的な視点から論じる。

営業はいらない(SB新書 503)


営業はいらない(SB新書 503)
三戸 政和
SB新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人口減少の今の時代、世界はテクノロジーを活用しつつ「営業不要」で成功しはじめている。主に営業マンに向けて、これから先10年ほどをかけて起きる未来と、その未来を歩むための生き方を提示する。

英国人記者が見抜いた戦後史の正体(SB新書 500)


英国人記者が見抜いた戦後史の正体(SB新書 500)
ヘンリー・S.ストークス 藤田 裕行
SB新書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の戦後は、アメリカが仕掛けた「日米開戦」に端を発する。そして先の戦争の本当の端緒は、江戸時代の黒船来航までさかのぼる-。日本在住半世紀、最古参の英国人記者が目の当たりにしてきた「真実の戦後史」を暴く。

ルポ定形外家族-わたしの家は「ふつう」じゃない(SB新書 499)


ルポ定形外家族-わたしの家は「ふつう」じゃない(SB新書 499)
大塚 玲子
SB新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「ふつう」の家族とはなにか。離婚・再婚家庭、シェアハウス育ち、親がLGBT、養子、虐待など、「ふつう」とは少し違う家族や環境で育った当事者を取材、15のケースを紹介する。東洋経済オンラインの連載を加筆し書籍化。

日本人の給料はなぜこんなに安いのか-生活の中にある「コスト」と「リターン」の経済学(SB新書 498)


日本人の給料はなぜこんなに安いのか-生活の中にある「コスト」と「リターン」の経済学(SB新書 498)
坂口 孝則
SB新書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
こんなに働いているのになぜ給料が上がらないの? 払った分の年金は戻ってくるの? 「買う」vs「レンタル」どっちがトク? そんな疑問を「コスト」と「リターン」の観点から経済学的に分析し解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ